今大注目のPICK UP記事!! 

【沖縄】実録、恐怖ヤギ汁【グルメ】

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 
沖縄は、最高です。セトセイラです。
 
 
突然だが、沖縄とか宮古島とか石垣島とか、まぁ、とにかく沖縄に行くときっと誰しもが思うはず。そう、ヤギがやたら多い。今日はヤギを食べる、そんなお話。
 

 ・沖縄にはやたらとヤギがいる

 
 
 全体的に沖縄ってヤギ多くね?
 
 
竹富島にも石垣島にも黒島にも沖縄本島にも…そこら辺に、だいたいヤギがいる。
 
 
沖縄地方ではどうやらヤギを食べる習慣があるらしい。
 
 
あー、なんかヤギと密接にある日常なんですねなるほど。その中でもヤギという料理を聞いた事があるだろうか。
 
 
 
ヤギ汁?
 
 
やぎ汁と聞いて何を思い浮かべる?まぁ、単純にやぎの汁なんだろう。そんな事は誰でも考えつく。大したゲテモノ感もあまり感じない。
  

Q・そもそも、ヤギ汁とは

 
A・沖縄地方で、祝い事の時に振舞われる伝統的な料理。
 
 
へー!それは是非食べてみたい!となるじゃんか。ねぇ。せっかく沖縄地方の島ばっかりバックパッカーしてるんだもの。あ、ご紹介が遅れました。私日本の離島を主に趣味でバックパッカーしてるセトセイラと申します♡←聞いてない
 
 
 
冗談は置いておいて。
 
 
ヤギ汁。噂によるとクセがすごい、とは聞いたけれども自慢じゃないが私、嫌いな食べ物ないんだな。
 
 
よ~~~し、いざ!!!!
 
 
 

・やぎ汁、実食!!

 
というわけで石垣島ですかーっと車を飛ばして、野底のあたりの道路に突如現れる看板
 
 
『ヤギ汁あります』
 
 
車を急ハンドルで左折(※良い子は真似しないでね)。
 
 
そして農道をすすむと見えてくるのは、【山城商店】さんです!
 
 
 おぉ、、、如何にもそれっぽい店!!この手作り感がたまらない。やはり沖縄地方の伝統料理を食べるなら、島のおばぁの話が長そうな所がいいに決まってる!!!
 
 
お店に入ると客は私1人。
 
 
「いらっしゃい」
 
 
予想通り、人の良さそうなお話好きのおばぁが出てきた。そうそう。これを待ってた。ありがとう。ありがとうっ!
 
 
もちろん頼むは、ヤギ汁
 
 
 
 …待つ事数分。
 
 
 
 
どーーん!!!!
 
 
どんぶりいっぱいのヤギ汁とご飯。なるほど。これが噂の。ん、、、?この緑のやつは、、、?
 
 
「フーチーバーさぁ」
 
 
とおばぁが説明。
 
 
フーチーバーとは、沖縄の方言。標準語でヨモギの事だ。沖縄地方でこのフーチーバーもよく食べられる。おばぁによると、ヤギ汁には生のフーチーバーを入れて食べるのが一般的だとか。凄く体に良くて、薬になるらしい。お話好きなおばぁに、私も顔がにこにこ。
 
 
 
 (ぱく…)
 
 
 
まずぅぅぅぅぅぅっ!!
 
 
例えるなら、これはもう牧場に行った際に牛の糞が大量にあるじゃんか、あれを薄めて飲んでるレベル。いや、もう、食べ物の域を超えてる。牧場を食べてる感じ。獣臭と糞ぽい匂いがやばい。しかも、備え付けのヨモギ、生ヨモギの苦さが味覚を奪う…えぐっ!!これは・・・牧草かな・・・むしろ強烈な牧場臭があまりに私の脳を支配しすぎて、牧草にしか見えない。どうなっているんだこの料理・・・・
 
 
ゔゔっ、、、、!
 
 
ゔぅっ、、、!!!!!
 
 
 
しかし、おばぁが隣でものすごい目を輝かせながら感想を期待している。耐えろ。セイラ耐えるんだ、、、!役者魂見せてみろ、、、!!!
 
 
「わぁ!!!すっごい美味しいです!!体も温まりますね!初めて食べましたが、やぎってこんな味なんだ!!!」(おえっぷ)
 
 
気分は、笑顔がトレードマークのアイドル。
 
 
「本当かい!?良かった良かった」
 
 
おばぁ、大喜び。なんでも、おばぁの大好物なんだとか。ただ、あまり口に合わないと言われる事も多いから本当に良かったとすごく喜んでくれた。おばぁの笑顔を守らなければ。口に運ぶたびに、無呼吸で飲み込む。
 
 
 
いける。無呼吸なら、、、いけ、、、る
 
 
ゔぅ、、、
 
 
恐ろしい量の水を飲みながら完食。恐るべし、やぎ汁。
 
(※あくまでも私個人の感想です。お店には他のメニューも置いてありますし、おばぁが泣けるほど優しくて素敵な人です)

 

・ヤギ汁の作り方

 
おばぁによれば、ヤギ汁はいたって簡単。ヤギを臓器も血も全部丸ごと泡盛で煮込むだけ。
 
 
それもはや魔女の料理…
 
そして味付けは、なんと、、、一切、なし
 
 
 
え・・・?はい・・・?
 
 
 
あ、もう本当にやぎの体液とかなんかそういう凝縮の味というわけか…
 
 

・ヤギ汁はちなみに

 
妊婦さんは食べてはいけないと言われているのだそう。流産の可能性が出てきてしまうという理由らしい実際何が作用してとかそういうのはよく分からないけれども。でも、兎に角、どんなに元気がない日でもやぎ汁を食べれば元気にが出てくると楽しそうに喋るおばぁ。
 
 
要はあれだな。
 
 
東京でいうところの、
 
 
 
 
うなぎ
 
 
…の立ち位置と一緒だな。
 

・頭に浮かんだ疑問

 
さてさて。ここで1つの疑問が生じるわけです。
 
 
あれ?そこら辺にいるヤギ。これらはみんな飼われていて、大半が紐で繋がれている。
 
 
竹富島で出会った可愛い子ヤギ
 
(ちなみにこの子やぎが何故このポーズを私が近寄った瞬間したのかはかなり謎)
 
 
こいつ以外のやぎは、実はかなり人に懐いていない。凄い勢いで逃げ回る。この状況からして考えられるのは、これらのやぎはペットとして飼われているのではなく、一般家庭が食用として飼っている。
 
 
と言うことは、沖縄地方では一般家庭がやぎを締める事が多いのではないか?
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。