今大注目のPICK UP記事!! 

【沖縄】実録、恐怖ヤギ汁【グルメ】

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 

沖縄が大好きです。セトセイラです。
 
突然ですが、沖縄地方ってヤギが本当に多いですよね。
 
気になりませんか?
 
 
セイラ
セイラ
沖縄地方は、繁華街をちょっと離れるとヤギがどこにでもいますよね~
 
実は、日本ではヤギ食の文化が沖縄と奄美にだけ根付いているんです。
 
しかも、そんなヤギを使った世にも恐ろしい料理があるという噂を聞きつけました。
 
なんでも『ヤギ汁』という食べ物らしいのですが・・・
 
 
セイラ
セイラ
恐怖ってどういうこと!?
 
その実態を調査すべく、実際に石垣島で食べてきたのでご紹介します。
 
 
 

 沖縄にはやたらとヤギがいる

 
べぇええええええ 
 
沖縄のお土産屋さんで見かけたTシャツに、可愛いヤギのイラストと『べぇえええええ』という鳴き声の表記が書かれていてとても感動をしました。
 
 
セイラ
セイラ
確かに、実際のヤギは『めぇええ』よりも『べぇええ』だわ・・・
 
沖縄って、繁華街を離れると本当にどこに行ってもヤギがたくさんいます。
 
お土産のTシャツのイラストになるくらいなので、もはや会いに行けるご当地アイドル的存在です。
 
ヤギは沖縄本島に限らず、石垣島にも宮古島にもやたらといます。
 
沖縄でヤギをよく見かける理由は、ズバリ食用としての貴重なたんぱく源だからです。
 
ヤギは、土地が痩せている沖縄という地でも飼いやすい動物であることと、肉・チーズ・乳と様々な活用方法があるという点が重宝されている所以の一つなようです。
 
そんなヤギ料理の中でも多くの人が『恐怖の料理』として語るものがあるらしいとの噂を聞きつけました。
 
その名は・・・『ヤギ汁』
 
作 セトセイラ
 
 
・・・ヤギ汁?
 
もっと眉間にしわを寄せるような名前が出てくるのかと思えば想像以上に単純な名前が出てきました。
 
 
セイラ
セイラ
『ヤギ汁』ってつまり・・・ヤギ肉を使った汁ものだよね・・・?あまり、ヤバそうな感じはしないけれど・・・
 
果たして、恐怖の料理として皆が眉をひそめる『ヤギ汁』とはいったいどのような料理なのでしょうか?
 
 

 

ヤギ汁とは?事前にネットで調べてみた。

名前を聞く限りだと「ヤギ肉を使った汁もの料理なのでは?」という想像ですが、恐怖の料理と言われているくらいなので違うのかもしれません。

そこで、事前にネットで検索してみることに。すると、やっぱり想像した通りヤギを使った汁ものなようです。

しかも、沖縄ではお祝い事の時に食べる伝統料理であるということが分かりました。

セイラ
セイラ
ヤギ汁って、縁起物なんですね!
ヤギ汁とは?

沖縄の郷土料理である『ヤギ汁』は、おめでたいときに食べられるご馳走です。

結婚祝い、出産祝、入学祝、新築祝など、とにかくめでたいことがあるとヤギ汁を食べる習慣があります。

『ヤギ汁』はつまりヤギのスープのことで、ヤギの肉と骨をコトコト煮込んで作ります。特に戦後にはヤギの乳やヤギの肉は貴重なたんぱく源とされていたそうです。

 
調べた感じだと、そこまで変な料理な気はしないのですが味のクセがとにかく強いという声を多数見かけました。
 
セイラ
セイラ
私は、食べ物の好き嫌い全くないからいけるんじゃないかな?ラム肉とか大好きだし!!だから、すごい楽しみ!!

 
・・・というわけで、実際に食べるべく遠路はるばる石垣島へ。
 

昔ながらのヤギ汁が食べられるお店『山城商店』

というわけで、やって来ました石垣島
 
今回、ヤギ汁を食べるにあたってせっかくなら地元のおばぁが作ってくれるようなお店に行こうと心に決めています。
 
 
セイラ
セイラ
観光客向けのお店は東京の人の味覚に合わせて作っていることも多いので、地元の味じゃないお店が多いんですよね。
 
やはり、せっかく食べるなら本来の味というものをものを知りたいじゃぁないですか!!!!!
 
 
そんなわけで、石垣島の繁華街を離れて車を飛ばし、野底(地名)の辺りに出向きました。すると・・・
 
『ヤギ汁あります』という看板があるではありませんか!!
 
ハンドルを切って、農道をすすむと山城商店と書かれたいかにも地元の人向けのお店が見えてきまた。
 
セイラ
セイラ
おぉ!!これまた、いかにもなお店!!
 
建物と言うより物置小屋を改造したのかな?と思うほどの外観です。
 
台風大国沖縄でまさかこんなに頼りないお店に出会えるとは夢にも思っていませんでした。
 
そして、いざお店に入ってみるとお客さんは私1人。
 
奥から、島のおばぁが「いらっしゃい」と言いながらゆっくりと出てきました。
 
 
セイラ
セイラ
これぞ、沖縄のおばぁと言うようなおばぁ。そうそう!こういうお店にきたかったんですよ~!!
 
そうそうそうそう。これを求めていた!!ありがとう、ありがとう!!!
 
もちろん注文は、ヤギ汁。ちなみに料金は1200円ほど。
 
沖縄豆知識!「『ヤギ汁』って汁ものなのにそんなに高いの?」と思った人もいるかもしれませんが、沖縄では『お味噌汁』が1000円なんてこともめずらしくありません。というのも、沖縄の汁ものはラーメンどんぶりサイズで出てくるのが一般的なんです。しかも、ご飯も付いてくるところも多く立派なメイン料理として親しまれています。
 
 
 
そして…待つ事数分。
 
 
 
どーーん!!!!
 
 
目の前に運ばれてきたのは、どんぶりいっぱいのヤギ汁とご飯。噂のヤギ汁とやらは見た目もかなりシンプルですね。
 
 
セイラ
セイラ
ヤギ汁に入っている葉っぱは何だろう・・・?
 
 
「フーチーバーさぁ」
 
お店のおばぁが説明して下さいました。
 
・・・と言っても、フーチーバーって何!?と逆に大混乱です。
 
 
セイラ
セイラ
沖縄の方言は本当によく分からない・・・
 
頭にはてなマークを浮かべていると、おばぁがその疑問の答えを教えてくれました。
 
何でも、”フーチーバーとはよもぎのことなんだそうです。
 
東京でよもぎと言えば、大福や和菓子のイメージが強いですが沖縄では日常的に食べられています。
 
 
セイラ
セイラ
よもぎはそもそも薬草として使われていたので、かなり体には良さそうだけど・・・この『ヤギ汁』に乗ってるの生のよもぎどよね・・・美味しいのかな・・・
 
おばぁの話によると、ヤギ汁には生のフーチーバーを入れて食べるのが一般的なのだそうです。
 
凄く体に良くて、薬になるらしい。お話好きなおばぁに、私も顔がにこにこ。
 
こんなに人柄の良さが滲み出ているおばぁが愛情たっぷりに作って下さったヤギ汁。美味しくないわけがない。
 
 
 
(ぱく…)
 
 
・・・
 
 
・・・・
 
 
・・・・・・・・・っ
 
 
まずぅぅぅぅぅぅっ!!!!
 
 
 
え、こんなに不味い食べ物が世の中に存在するの!?
 
完全に失礼極まりないが、不味すぎてびっくりしました。え、こんなことある!?ええぇぇええ!?
 
 
チラッと横を見ると、おばぁがにこにこしながら「どうだい?美味しいだろう?」とキラキラとした目でじっと私の感想を待っていらっしゃる
 
 
セイラ
セイラ
おおぉおぅ・・・・あ”・・・えーっと、お・・・美味しいです・・・・(おえっぷ)
 
ダメだ・・・。このおばぁの笑顔を前に本当のことなんて言えるわけない・・・
 
 
これ、例えるなら嘘偽りなく、完全に牛の糞
 
牛の糞を薄めて飲んでるレベル。いや、もう、本当に食べ物の域を超えてる強烈な臭いが食べた瞬間鼻から抜けるんですよね。
 
それが完全に牛の糞と臭いが一致するんですよ。えぇ。
 
いや、もうねクセの強い食べ物とかじゃなくて、完全に糞。これ、むしろ糞なのでは!?と疑うレベルに糞。
 
しかもですね、備え付けのよもぎがヤバイです。
 
この世の物とは思えないほど本気で苦い。私の味覚が完全にマヒするほど苦い
 
なんでも、やぎ臭を消すためにこのよもぎは入れられているそうなのだけれど、完全に強烈なクセを強烈なクセで消そうとしているせいで地獄絵図みたいになってるからこれ!!!
 
どうなってるんだこの料理・・・。
 
 
セイラ
セイラ
人生で初めて、食べれないかもという料理に出会ってしまった・・・これは・・・ヤバイ・・・
 
 
ゔゔっ・・・
 
 
ゔぅっ・・・・・・・・
 
 
こんなに劇的に不味いのに、笑顔でおばぁに「美味しいです~」と感想を伝える自分に心の中でエールを送る。
 
そんな中、「美味しい」と言いながら食べる私を見ておばぁは大喜びです。
 
なんでも、おばぁの大好物で小さいころから食べてきた味だ、とおばぁは上機嫌にいろいろ教えてくれます。
 
 
セイラ
セイラ
おばぁの笑顔を守らなければ・・・
 
 
謎の使命感にかられながら、口に運んでは無呼吸で飲み込むことを繰り返す。
 
 
セイラ
セイラ
無呼吸なら・・・いけ・・・る・・・強い子だ・・・セイラ・・・耐えろ・・・
 
 
そして、ようやく恐ろしい量の水を飲みながら完食。恐るべし、やぎ汁。
 
 
セイラのコメント『山城商店』さんにはヤギ汁以外にも沖縄料理も堪能できるお店です。おばぁはとにかく泣けるほど優しい人です。お店としては本当におすすめなお店ですよ!
 
 
 

ヤギ汁の作り方

(なんとか)完食したところで、おばぁに「そもそもこの『ヤギ汁』とやらはどうやって作っているのか?」ということを聞いてみました。
 
おばぁによれば、ヤギ汁はいたって簡単。
 
なんでも、やぎの臓器も血も含めて余すことなく丸ごと泡盛で煮込むだけ
 
 
セイラ
セイラ
それ、もはや魔女の料理では・・・
 
そして味付けは、なんと・・・一切なし。
 
 
 
セイラ
セイラ
・・・え?はい?
 
なんと、やぎを解体して泡盛で煮込んだだけの料理(※塩を入れる人もいる)なんだそうです。
 
 
セイラ
セイラ
ということは、つまり、やぎの体液とかなんかそういうものを凝縮した味ということかな・・・?
 
ヤギ汁を食べるなら?『ヤギ汁』の臭さは、主に脂や血によって出るものだそうです。そのため、やぎの解体の仕方によって全く臭みが気にならないものから、逆にこの臭みがいいということで臭みを残しているものまでいろいろあるようですよ!いろいろなところで試してみるのも面白いかもしれませんね。

ヤギ汁を食べるにあたっての注意点

ヤギ汁は、妊婦さんは食べてはいけないお料理なのだそうです。
 
そのため、妊娠中の方は注意が必要です。なんでも流産の可能性が出てきてしまうとのことでした。
 
しかし、おばぁの話によるととにかく栄養満点なのでどんなに元気がない日でもヤギ汁を食べれば元気が出ると食材とのことでしたが・・・
 
 
セイラ
セイラ
本音を言わせてもらえば、私は逆に魂持って行かれそうでしたよ・・・(おえっぷ)
 
とりあえず、分かったことは沖縄の”やぎ”は東京で言うところの”鰻”と同じ立ちような感じなんですかね。たぶん。
 
皆さんも是非・・・沖縄旅行の際には1度くらいはチャレンジしてみてはどうでしょう。話のネタに・・・。
 
(※あくまでもこちらの記事は個人の感想です。)
 
 

お店情報

お店の名前 山城商店
住所 沖縄県石垣市野底428 
営業時間 11:00~17:00
定休日 木曜日
食べられるもの ヤギ汁・沖縄そばなど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP