今大注目のPICK UP記事!! 

鳥取にある撮影が一切禁止のゲストハウス『たみ』の感想

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら




相変わらず扁桃腺炎をこじらせてます。セトセイラです。

先日まで鳥取県を巡る旅企画【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】をすべく鳥取を満喫しまくったのだが、その中で利用したゲストハウス【たみ】の感想をまとめてみた。

・鳥取県にある【たみ】というゲストハウス

鳥取県の湯梨浜町にあるゲストハウス【たみ】は、クラウドファンディングでお金を集めて改築工事をした事で注目を集めたゲストハウスだ。

クラウドファンディングとは?

インターネットなどを通じて、不特定多数の民衆からお金を集める事。

クラウドファンディングは2012年に行われて730000円集めた。そんな、当時の様子はこちら。

出典 https://camp-fire.jp/projects/view/257

たみのコンセプトは『暮らす人と旅人が出会う場所』。とにかく、コミュニケーションが生まれるプラットホームを大切にしているらしい。たみは、ゲストハウスに留まらず他にもシェアハウス、シェアオフィス、フリースペース、カフェと山陰初の複合型スペース。

私は普段日本国内の離島をバックパッカー旅をよくするので、その際にゲストハウスをよく利用する(※そもそもゲストハウスが分からない人はこちらの記事へ)のだが、シェアハウスと兼用してるゲストハウスは今回が初めてだ。

そして何と言っても、一番の特徴はこの【たみ】という宿は建物内の撮影が一切禁止。

ちなみに、私は毎日動画配信をしているのだが、たとえ建物内を写さなくても映像を含むカメラを起動させること自体が禁止とのことだったので今回はまさかの文字だけで説明しよう。

そもそも、なぜ写真撮影NGなのかと言うと、公式サイトにて下記のような説明がされている。

近年、インターネットでの情報の回る速さや情報の多さに慣れてしまったために、電話番号や漢字が覚えられないように、パソコンやインターネットがなかったときの感覚を忘れてしまいそうになるときがあります。仕事や日常ではまだしも、旅や移動をしていても、インターネットはすぐそばにあり、誰もがカメラを持っている社会となりました。私たちは、旅や移動をしてる時間ぐらいは、意図的にそれらを忘れて、外部入力やメディア媒体なしに、人間の身体を存分に使ってほしいと思い、たみの館内では、写真撮影を禁止にさせていただきました。たみでの思い出の記録を、写真以外の方法で、心に残してみてください。ご協力よろしくお願い致します。

引用 たみ公式HP

 

・・・なるほど。とにかく宿に集中してほしいというコンセプト。なのか・・・。という訳で今回はざっくりとした説明と私本人の感想のみを記載させて頂こう。

・たみを利用して

photo by オクダイラハジメ

今回は【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】の旅の途中に利用させてもらった。旅はカメラマンとビデオマンが同行旅だったのもあり三人部屋の個室利用をさせて頂いた。お値段は以下の通り。

  • 1泊 男女別ドミトリー 2,800円(冬季12月〜2月は暖房代として+300円。)
  • 1泊 個室 4,000円/1名  7,500円/2名  9,000円/3名 

宿としては安く思えるかもしれないか、個人的な印象としてはゲストハウスにしてはやや高め。施設は、併設されているカフェスペースや、フリースペースはとてもお洒落で綺麗だった。特にフリースペースの洗礼されたインテリアは、集中力が高まりそうなスペースで仕事をするのに良さそう。

施設全体としては古民家と捉えればお洒落だが、綺麗すぎない印象。個室部屋に関しても、よくある和室部屋だった。和室で、ストーブが一つあるだけのシンプルな作りだ。一つ文句を言わせてもらえれば、三人部屋で布団以外のものが3人仕様になっていないという点(※コンセントなど。通常、人数分お金を取る場合人数分の対応はしてある)。

今回は本当に申し訳ない事にスケジュールの問題で通常ゲストハウスの醍醐味とも言える他の人との交流が一切できなかったのが残念であったが、対応してくれた受付のお姉さんはとても親切だったし、カフェのカレーがとても美味しそうだった(※スパイスから作る本格カレーを出しているとのこと)。

感想としては、システムが特に特別感があまりなく、その中で『たみ』を全身で体感してほしいからという理由で写真や映像などを禁止している。という事は、他の旅人やシェアハウスに住んでる人達の交流が上手くいくかどうかというのが今後リピートするかどうかが決まりそうだなと思った。なので、次回こそは是非交流をメインに訪れてみたい。

兎にも角にも写真NGなのもあり、私の口からはこれ以上はご紹介できない。百聞は一見にしかず。鳥取旅の際には、利用してみては如何だろうか。

・たみ

施設名:たみ

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町中興寺340-1

電話:0858-41-2026(※※平日は朝7時〜10時と17時〜22時。土日は朝7時〜22時が受付時間)

利用:当日利用可

料金:男女別ドミトリー 2,800円(冬季12月〜2月は暖房代として+300円) 個室 4,000円/1名  7,500円/2名  9,000円/3名 

駐車場:有

アクセス:JR山陰本線「松崎駅」から徒歩3分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鳥取でジビエ!!鳥取旅行で食べたい絶品グルメ

  2. 鳥取のサワラ漁を体感すべく漁船に乗ってきたのでレポする!

  3. 山陰最古の駅舎が残る、鳥取にある御来屋駅を歴史を感じよう

  4. 鳥取で食べたい白バラソフトって何なの?

  5. 鳥取横断の旅で、私が出会った人達。【鳥取RPG報告】

  6. 【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】2日間に渡る鳥取横断のミッションとは?

  7. 鳥取県の米子駅は、とにかく普通過ぎてなにもなかった

  8. 鳥取の穴場スポット『男性のアレ』を祀る木の根神社で子宝に恵まれよう!

  9. イノシシが肉になるまで。解体場を見学する〜鳥取ジビエを堪能しよう!〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。