今大注目のPICK UP記事!! 

鳥取の美味しい野菜。中原さんの作るブロッコリーを堪能

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 




一日一株ブロッコリーを食べる事を夢見ていた時期、それは23歳の時でした。セトセイラです。
 
先日まで【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】にて鳥取県横断の旅をしていた訳だが、今回の旅の目的はズバリ『鳥取を全身で体感する事』だ。つまり、鳥取の自然の恵みで育った採れたてのわがままボディなお野菜は是非とも堪能したいという野望ももちろん持っていた。
 
しかし、今回の鳥取RPG企画では予算は全額支援で集めたもの。さらには支援者からミッションを課せられていて、そのミッションとやらは当日になってみないと一切分からないという趣向だ(※詳しくは【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】をご覧ください。)。
 
一先ず今旬の野菜(鳥取旅は1月)を調べてから、鳥取に降り立った。すると・・・
 
 
!!!
 
 
やった!!!あった!!!!!
 
という訳で、今が旬のブロッコリーを堪能すべくブロッコリー農家の中原さんに交渉して今回特別にブロッコリー畑を見学させてもらった。
 
 
※記事内で利用している写真は、鳥取県在住のフォトグラファーオクダイラハジメによる作品。一切の無断転送は固くお断りさせて頂く。
 
 

・鳥取のブロッコリー

前回、『鳥取の白ネギは、とろける美味しさ。ネギ農家の國吉農園を訪問』にて鳥取の美味しい白ネギをご紹介させてもらった際に記載したが、鳥取は大山という活火山に恵まれているため土壌には火山灰と腐葉土が混合した栄養たっぷりな『黒ボク』という土壌に恵まれている。そして更には、雪が降るほどの寒さも手伝って寒暖差がある土地な為とにかくお野菜が美味しい。これぞまさに、鳥取という地だからこそ成せる美味しい大地の恵みだ。

鳥取でブロッコリーと言ってもなかなか全国的に生産量が多いわけではない。しかし、今日鳥取ブランドのブロッコリーが人気を集めている事をご存知だろうか?

『きらきらみどり』と呼ばれる『大山ブロッコリー』が鳥取産ブロッコリーを有名にした品種だ。この『きらきらみどり』と呼ばれる品種は、大山ブロッコリーのなかでもとりわけしっかりと土作りをした厳選された畑で、化学合成肥料を7割カットして有機質を主体とした肥料で栽培されたものだ。

通常のブロッコリーと比べて苦みやえぐみが抑えられている為生でも美味しく食べられるブランドブロッコリーだ。東京でも『きらきらみどり』をわざわざ買い付けて提供しているシェフやパティシエが後を絶たない。

苦みを抑えた甘いブランドであるが故に、ブロッコリーをスイーツとして活かすパティシエもいる程だ。

という訳で、鳥取の美味しいブロッコリーをどうしても堪能したくてブロッコリー農家の中原さんの畑に特別に交渉して見学させて頂いた。

・ブロッコリー農家中原さん

ブロッコリー農家の中原さんを訪ねた時には、既に日は落ちて夜18時頃。今回鳥取RPG企画ではCAMPFIRElocal鳥取チームが全面的に協力して下さっていたのもありブロッコリー農家さんへの交渉が完了してから畑へとお伺いさせて頂いた。

到着すると、中原さんが笑顔でお出迎え。

。〇(イッ…イケメン!!ワイルド系!!)

私の勝手な偏見なのだが、『鳥取の白ネギは、とろける美味しさ。ネギ農家の國吉農園を訪問』にてご紹介させて頂いた美貴(みつき)さん同様に想像しているよりも農家さんが若くてびっくり!私は普段日本の離島をバックパッカーしていて、その際に農家さんに話しかける機会は多々あったのだがいつもご年配の方だったので余計に鳥取農家さんの若さに驚きを隠せない(※言うても二人しかお会いしてないのでたまたまかもしれないが)。

そして、いざ畑に移動する事に。でも外は真っ暗。

。〇(こんなに真っ暗な中お伺いして、ご迷惑じゃなかったかな…?)

・暗闇で収穫されるブロッコリー

photo by オクダイラハジメ

鳥取の夜は、東京と違って街頭などほとんどない。その為、文字通りの真っ暗だ。ヘッドライトを点灯してたどり着いたブロッコリー畑。しかし、暗すぎてブロッコリー畑の全貌は見えない。中原さんのお話によるとこの畑で12000本ものブロッコリーを育てているのだとか。すごい。。

「試しに収穫してみます?」

と言って、中原さんは暗闇のブロッコリー畑の中を進んで行く。

「こうやって、大きめのを見つけたら・・・」

「根元からナイフで落として、それで余分な葉っぱ落とすだけです。簡単ですよ。」

photo by オクダイラハジメ

そして、どんどんブロッコリーを収穫していく中原さん。夜の暗闇でものすごいテキパキとブロッコリーを収穫していく。ものの1分くらいでこんなに沢山ブロッコリーを収穫。

photo by オクダイラハジメ

はっ・・・早い!?この真っ暗闇でものすごいテキパキとこなすできる男臭がすごい。お話を伺ってみるとそもそもブロッコリーの収穫は夜に行われるのだそうだ。ブロッコリーは花のつぼみ部分を普段美味しく食べている訳だが、そもそもつぼみは昼だと太陽光線でどんどん成長してしまう。その為、夜の気温が低く暗いタイミングだとブロッコリーの呼吸が緩やかな為より新鮮で最高な状態で出荷できるのだそうだ。

私たちが普段お店で買っているブロッコリーは、農家さんが出荷のタイミングに合わせて夜中に収穫したブロッコリーなのだとか。

ブロッコリーの収穫は夜22時から始まり、中原さんはJAさんに出荷するのが11時なのでぎりぎりの朝の9時までいつも収穫をしているそうだ。特に冬の寒い時期は、とにかく真っ暗で寒い中全て手作業での収穫になるのでブロッコリー農家の過酷さは想像しただけでも目を丸くする。

。〇(ブロッコリーってすごいんだなぁ・・・)

・中原さんに聞く、ブロッコリーについて

ブロッコリーは、同じタイミングで種まきをしたとしても個体によって成長スピードが違うのだそうだ。その為、ブロッコリー畑ではランダムに手作業で収穫される。中原さんの畑の場合、12000本もの量をランダムに収穫するのだからそれはそれは時間を要する大変な作業だ。

ブロッコリーは比較的他の作物と比べて、成長スピードが速く、苗を植えてから3・4カ月ほどで収穫。ブロッコリーは夏以外の季節は春・秋・冬と収穫できる為1年中ほとんど忙しい。収穫したものから、また次の苗を植えてというのをずっと繰り返す。中原さんはブロッコリーを育てる魅力はこのスピード感だと語った。

ちなみに、ブロッコリーの成長スピードは気温が大きく関係するため冬場は成長スピードが少し落ちて5カ月ほどかけて成長する。冬は過酷な寒さとの闘いだがその代わり収穫頻度は緩やか。反対に夏は気温は良いがひっきりなしに作業がやって来るからどっちもどっちらしい。ブロッコリーを愛情かけて育てる中原さんのガテン系な体つきはブロッコリーの賜物だ(じー)。

そして、中原さんがここでこんな事を言った。

「作物は収穫した瞬間から、味が落ちていくので今収穫した瞬間のこいつらは格別ですよ。良かったら、食べて行きます?」

・中原さんのブロッコリーは、あまりの美味しさに言葉を失う

photo by オクダイラハジメ

待つ事数分。ただ茹でただけのシンプルなブロッコリーと、ゴマダレとマヨネーズを用意してくださった。27年間生きてきて今さっき収穫したばかりという新鮮なブロッコリーを頂くのは初めてだ。

。〇(そりゃぁ美味しいだろうけど、言うてもそんなに違うのか・・・?)

百聞は一見にしかず。いざ、実食。

photo by オクダイラハジメ

!?!?!?!?えええ!?これ、本当に何も味付けしてないんですか!??

口に入れた瞬間の私の第一声だ。確かにブロッコリーだが全然違う。ブロッコリーをただ茹でただけとは到底思えないほど味がしかっりとしていて美味しい。格別に美味しい!!!!ここまで違うとは思わなかった。

あまりの美味しさに、その後言葉を失ってもくもくと食べてほぼ一人で平らげてしまった。美味しすぎる。

鳥取の特徴である大山の火山灰の栄養たっぷりな土壌は、とにかく肥料持ちがいい。そして、冬場は特に寒暖差がある為一年のうちでブロッコリーが一番美味しい時期なのだそうだ。いやはや、これは参った。

 

「美味しいからこそ、ブロッコリー農家を続けられる」

 

そう言い切った中原さんがより一層、イケメンに見えたのは私だけの秘密にしておこう。

・まとめ:鳥取旅行では是非とも鳥取の美味しい野菜を食べるべし!

photo by オクダイラハジメ

鳥取と言えば、梨や日本海の美味しい海の幸に目を向けがちだ。しかし、ここをどこだと思っている!!大山を始めとする大自然に恵まれた最高な土地『鳥取県』だぞ!!

という訳で、鳥取旅行の際には鳥取の特徴である『黒ボク』の土だからこそ成せる美味しい野菜も是非とも堪能すべきだ。

ローカルな地だからこそ、より新鮮に、より安全な、より美味しすぎる大地の恵みで溢れている。鳥取は1年を通して様々な野菜が収穫されている。今回私は【鳥取ダンジョンを横断せよ!?リアルRPG企画】にて白ネギ農家の國吉さんブロッコリー農家の中原さんを訪ねさせて頂いたが鳥取にはまだまだ沢山の美味しいが詰まっている。旅のお供に、地元スーパーやJAでお野菜のお土産なんていうのもおすすめだ。

こんなにも美味しいブロッコリー。生まれて初めて頂きました。中原さん、本当にありがとうございました!!

ちなみに、中原さんにおすすめのブロッコリー料理を聞いたところ「ブロッコリーの天ぷらが、絶品ですよ」との事。本当に優しい方で、沢山ブロッコリーのお土産まで頂いた。

そして、後日。鳥取の『鳥の巣』というお店にてその日店長を務めていた西田さんに中原さんのブロッコリーと國吉さんの白ネギを天ぷらにして頂きました。

これが・・・本当に美味しかった・・・!!ブロッコリーも白ネギも天ぷら最高です!!(鼻息)

ご馳走様でした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。