今大注目のPICK UP記事!! 

小豆島二泊三日で行くなら、例えばこんなモデルコース

普段は、女優タレント活動をしているセトセイラです。
 
 
昨日から前田裕二さんの著書『人生の勝算』(→合わせて読みたい『『人生の勝算』を読んで、D役者が思った事』)に大感動して、自分の活動の場を広げて、皆さんにもっと私の事を知ってもらおうとSHOWROOMをはじめました。お時間ある時に、『セトセイラ』で検索して遊びに来てね☆なんて宣伝しつつ…
 
本日は、小豆島を一泊二日で行くなら?のモデルコースをご紹介。是非参考にしてほしい。
 

・小豆島

 
(作 セトセイラ)
 
小豆島はとにかく大きい!!路線バスも通っているからどう回ったらいいか悩んでしまう人も多いのでは?というわけで、二泊三日で堪能するなら?というプランで考えてみた。(→合わせて読みたい『小豆島と書いて『しょうどしま』という島を観光しよう!』)

・想定条件

・土庄港に小豆島上陸する事
 
・宿泊先が土庄港付近である事
 
・ホテルは二食で朝夜はホテル
 
 

・1日目

テーマ
【この日は移動日!お昼は高松でうどんでも食べてからアクセスしよう!】
 
14時00分 土庄港
 
 
15時00分 エンジェルロード(バスで移動。エンジェルロードは、1日の中で二回引き潮の時に見られる。その為、事前に時間を調べよう。時間が合わなかったら、次の日以降のチャレンジ。干潮の時刻の前後3時間楽しむことができる)
 
 
16時00分 世界一狭い海峡
 
 
 
16時30分 ホテルチェックイン
 
 
 

2日目

 
テーマ
【この日はレンタカーで堪能しよう!】
 
もし路線バス利用で観光する場合、行く場所によっては1日4本という路線もある。その為、個人的にはレンタカーかバイク利用がおすすめ。ちなみに私は自転車で回ったが合計30キロ以上は走った。また、各場所では大した時間はかからないが、路線バスの場合はバスの待ち時間に時間をとられてしまう。
 
 
9時00分 オリーブ公園、オリーブビーチを観光
 
 
一面のオリーブがある公園。ここで食べるオリーブアイスが絶品だ!
 
 
10時30分 ヤマロク醤油
 
 
ヤマロク醤油では醤油を作っているところを説明付きで間近で見る事ができる。なかなかない体験なので、とても面白い。ちなみにこの写真、樽にびっしりとついている結晶は全て醤油の菌。また、そこで作られたお醤油を味見をすることもできるので、是非自分の好みのお醤油を見つけてみよう!
 
 
12時00分 なかぶ庵
 
なかぶ庵は、小豆島名物生そうめんが美味しいお店!生そうめんを是非堪能しよう!!普通のそうめんとは当然だが全然違う。
 
 
13時15分 マルキン醤油
 
 
 
この辺り一帯は本当にすごく醤油の匂いがする。醤油の歴史を資料館で学びつつ醤油の歴史を学ぼう!!
 
 
 
14時20分 二十四の瞳映画村
 
ちなみに…池のお魚にも注目してみよう!何やら特徴的な魚が!?
 
 
 
 
16時30分 ホテル
 

3日目

テーマ
【最終日はとことん、車を使って絶景堪能!】
 
9時00分 洞雲山展望台
 
 
道幅がかなり狭いので初心者はどきどきしてしまうようなドライブコースだが、小豆島が見渡せる絶景ポイントなので是非とも新鮮な空気と共に絶景を堪能してほしい。運が良ければ、クジャクに会えるかも…!?最終日の朝に相応しい、そんな場所だ。
 
 
10時45分 中山の棚田
 
瀬戸内海の他の島の皆さんも『中山の棚田はすごい』というほどの棚田が美しい絶景ポイント。私が訪れた夏のシーズンは田植えを終えたばかりの緑の世界だったが、10月になれば収穫の黄金色の稲穂など季節によって見せる顔が違う。空気が美味しいのでせっかくだから吸い溜めしたいところ。
 
 
11時00分 こまめ食堂
 
 
こまめ食堂についての細かい内容は『小豆島の大人気食堂こまめ食堂』で記事を書いたので是非参考にしてほしい。山中の千枚田に囲まれて頂く小豆島産の『愛情そのもの』は何とも言えない、故郷の味。小豆島の日常を全身と味覚で体感しよう!!
 
 
12時30分 レンタカー返却
 
お土産を買うなら港付近…には何もないので車を返却する前に是非あちこち立ち寄ってから返却しよう!!
 
 
13時00分 土庄港
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 離島に渡るための、1日だけ鹿児島市街地観光モデルコース!!

  2. 3年に1度開かれる芸術祭、『瀬戸内国際芸術祭』ってどんなイベント?

  3. 石垣島観光二泊三日モデルコース!石垣島と竹富島旅のおすすめ完全版

  4. 男木島観光!!【あれ?猫の島なのに猫がいない?】

  5. 二泊三日で鹿児島観光しよう!グルメと癒しの欲張りモデルコース!!

  6. 日本国内離島のバックパッカーが教える、旅費を極力抑えつつ楽しむ方法

  7. 宮古島旅行二泊三日で満喫する、最強モデルコース

  8. 屋久島への行き方。高速船・フェリーどれがいいの?

  9. 屋久島観光のドライブコース!!観光雑誌なんて必要ない!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。