今大注目のPICK UP記事!! 

【口コミ記事】直島の『玄米心食あいすなお』に行ってきた

最近、事務所のプロフィールを見たら私の特技が『絵を描くこと』になっていたのでちょいちょいアピールしようと思っている、セトセイラです。
 
 
本日は、瀬戸内海の離島、直島にある人気食堂『玄米心食あいすなお』の口コミ記事。(→合わせて読みたい『直島旅。アートの世界を堪能する大人な時間。』)
 

・玄米心食あいすなお

 
 
瀬戸内海の離島、直島にある食堂。直島は住所は香川県なのだが、四国の香川の陸地より岡山県がもう目と鼻の先だ。
 
 
よって、直島で食べられているものは岡山県の物がほとんど。こちらのお店もその例外ではない。『あいすなお』さんは、その名の通り玄米を売りにしている。こちらで食べられる玄米は、なんと岡山県産の無農薬のもちもち玄米!驚くほどもちもちしているので、玄米のあのなんとも言えない固さが苦手・・・なんて人こそ試して頂きたい。このもちもちさは、品種というより炊き方だろう。
 
 
私の人生の中でここまでもちもちになる玄米と言えば『寝かせ玄米』。確認はとれていないので分からないが、もちもちの種類はあんな感じ。
 
セイラめも。寝かせ玄米とは?
 
炊き上がった玄米を3~4日間かけて、保温程度の温度で熟成させる。熟成期間を設ける事により同じ玄米とは思えない程もちもちねちねちの触感に生まれ変わるのだ。近年、大人気女優の石原さとみさんも積極的に取り入れている食で、女子たちに注目されている。
 

・玄米心食あいすなおの店内の様子

 
こちらのお店は、築約80年の古民家を改装して造られている。その為、古民家の心休まる木造空間は日常の疲れを一気に忘れさせてくれる。テーブル席もあるが、是非ここは畳が香るお座敷席へ。木の香りが、ついつい長居してしまいたくなるそんか温かさ。
 

・『玄米心食あいすなお』のメニュー

 
 
このお店で人気ナンバーワンのメニューは、『あいすなおセット』。健康思考のこのお店のメニューは、ベジタリアンやビーガンにも対応している。どこまでも、体に良い。そんな体へのご馳走たち。私は、おむすびに対して熱い愛を謳っている女なのでもちろんここは『おむすびセット』なんとお値段600円!!!!
 
 
『お財布にご褒美、体にご褒美』
 

・瀬戸内海の郷土料理『呉汁』

 
メニューに呉汁(ごじる)、という文字がちらちら見える。
 
 
 
ん?呉汁?
 
 
 
 
どうやら、瀬戸内海の郷土料理なようだ。呉汁とは、大豆をすり潰したものをみそ汁に入れたものらしい。
 
 
 
ん?みそ汁に・・・大豆?
 
 
 
それ、もうめっちゃイソフラボンボンじゃん!
 
 
『女性に嬉しい、体に優しい、お胸に嬉しい』
 
 
(※イソフラボンは、女性ホルモン活性化する作用がある為、胸が大きくなるという夢のアイテム)
 

・おむすびセット

 
 
お値段、600円でこのボリューム。女性はこのくらいの量で充分という人も多いのではないだろうか。おにぎりが2個。中身は梅と昆布。そしてお漬物に、噂の、呉汁。
 
 
いざ実食。
 
 
玄米がすごくもちもちしていて、美味しい。噛みしめるごとに味が深まる。健康を考えられて作られたであろう食事は、まるで田舎のおばあちゃんの手作りの温さのようだ。そんな、おにぎりだった。そして噂の呉汁!!!
 
 
 
・・・
 
 
・・・
 
 
 
これ、あるあるなんだけども、私妄想の天才すぎてハードルを上げすぎてしまったが故に思った以上にお味噌汁だった。味が。
 
 
 
美味しい。誤解のないように言うと、本当に濃厚なお味噌汁、美味しかった。ただ、呉汁という文字が頭の中でヒビが入って崩れ落ちた感じ。ご・・・いや、みそ汁!!!!
 
 
 
 頭の中で総ツッコミ。
 

・『玄米心食あいすなお』へのアクセス

 
直島の本村地区にあるこちらのお店。港からはバスでも良し。自転車でも良し。本村地区は、家プロジェクト(詳しくはこちら→『直島旅。アートの世界を堪能する大人な時間。』)があるので、午前中は芸術観光、そしてお昼をここで堪能するのがとても良さそう。
 
 
是非、直島の古民家に癒されながら島を感じてみては?
 
 
 

住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町761-1 青いごはん茶碗ののれんが目印

電話:087-892-3830

メール:genmai@aisunao.jp

営業時間:11:00~17:00(L.O.) ※冬は16:00(L.O.)

定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

席数:最大33席(座敷カウンタータイプ9席、座敷テーブルタイプ12席、椅子テーブル席12席)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 直島旅。アートの世界を堪能する大人な時間。

  2. 【口コミ記事】直島にある海鮮が食べられる居酒屋さん、『島食Doみやんだ 』に行って来た

  3. 【口コミ記事】直島のゲストハウス『Little Plum』に泊まってきた

  4. 3年に1度開かれる芸術祭、『瀬戸内国際芸術祭』ってどんなイベント?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。