今大注目のPICK UP記事!! 

宮古島旅行二泊三日で満喫する、最強モデルコース

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら

人生で初めて一人旅をした島は宮古島。セトセイラです。
 
旅行、と言えば二泊三日という期間が多いはず。というわけで、宮古島とその周辺離島を満喫し尽くした私が、もしも二泊三日という限られた時間で満喫するなら、をテーマにモデルコースを組んでみた。このモデルコースが、1番最強だ!(→合わせて読みたい『宮古島は1度に5度おいしい』)
 
最低条件
 
・全泊レンタカーを利用する事
・平良港付近で滞在した場合
 
おすすめ条件
 
・せっかくなのでホテルは素泊まり、もしくは朝食付きのみにしよう
 

・一泊二日の宮古島旅行、最強モデルコース

1日目

テーマ

【着いたばかりだが、欲張って満喫しよう!】

 
10時00分 宮古空港着
 
 
11時00分 荷物受け取りやら、レンタカー手続きやらして出発
 
 
11時20分 砂山ビーチ(25分程)
 
 
宮古島の名物スポット!遊泳注意区域なので、ここでは是非景色だけを楽しもう。
 
過去にはサメによる死亡事故が発生している為是非。
 
 
11時50分 お食事処 すむばり食堂にて昼食(50分程)
 
 
宮古島で大人気の地ダコ料理が食べられるお店。ものすごく柔らかくて美味しい『タコ丼』が特に有名。人気店なので是非予約を予めしてから行くのが良さそう。
 
 
12時50分 西平安名崎 (滞在30分)
 
風車と青い海のコラボレーションが見られるポイント。
 
 
13時25分 池間大橋 (滞在20分)
 
 
海中道路、是非停車できる場所で止まって絶景を堪能してほしい。
 
 
14時50分 新城海岸(滞在120分)
 
新城海岸、こちらでは是非シュノーケルを楽しんでほしい!!トイレにシャワーに海の家が完備され、とにかく海のスタッフさんが優しい。ビーチエントリーから沢山の魚に出会えるポイント。(→合わせて読みたい『シュノーケルを安全に行うために。夏の海を満喫しよう!!』)
 
 
18時00分  マックスバリューもしくはドン・キホーテへ買い出し
 
マックスバリューとドン・キホーテは隣同士にあるのでどちらでも。3日分の飲み物やちょっとしたお菓子、ホテルで楽しむビールなどもまとめてここで買ってしまおう。
 
 
19時20分 パイナガハマビーチ
 
市街地付近のビーチ。日の入りスポットなので、是非地平線の日の入りを堪能しよう!
 
 
19時40分 ホテルチェックイン 
 
ここで、大概の明日の支度は済ませておくと良い。
 
 
21時00分 うさぎやで夕食。
 
21時からライブスタートなので予め予約をして、間に合うように行こう。ここでは羽目を外しすぎず、ライブ終わりでホテルに戻る。
 

2日目

テーマ
【海の中の世界を中心に満喫しよう!&伊良部島と下地島を満喫!】
 
 
 
・8時00分 マリンショップを予約して半日コースで海を思う存分満喫しよう!(13時頃まで)
 
ここで圧倒的なおすすめは、伊良部島のマリンショップ『ゆうむつ』(→合わせて読みたい『宮古島旅行で絶対参加するべきおすすめツアー!!マリンショップ『ゆうむつ』が最高すぎる!!』)。私は宮古旅の際は必ずここを利用している。船を持っているマリンショップなので、幅広く海の様々なスポットを楽しめる。せっかくなら是非、シュノーケル込みのツアーがおすすめ。
 
 
・14時00分 伊良部島でお昼ご飯
 
 
・15時30分    通り池  (30分)
 
 
天然記念物に指定されているスポット。
 
 
16時05分下地空港(20分)
 
 
最強の絶景ポイント。絶景でのんびり。
 
 
・16時35分 佐和田の浜( 15分)
 
 
伊良部島から下地島にかけての浜。日本渚100景の1つ。
 
 
17時00分 フナウサギバナタ(15分)
 
三角点と比べてしまうと落ちてしまうが、渡り鳥をモチーフにしたオブジェがある特徴的なポイントの為、立ち寄ってみよう。
 
 
17時05分 三角点(15分)
 
 
ここは必ず行くべきポイント。ただ、穴場スポットの為、観光マップやガイドマップには載っていないスポットだ。ただし、断崖絶壁なので強風の日は特に気を付けよう。策など何もない場所なので、落ちたら死にます。
 
 
17時50分 伊良部大橋
 
 
 
18時30分 夕食
 
美味しいお店が沢山あるので、街に繰り出そう!ただ、人気店は予約をしないと入るのが難しい事も多い。
 
 
20時00分 ホテル

 

3日目

テーマ
【最終日は頑張って早起きをして、のんびりと観光しよう!】
 
 
5時40分 東平安名崎(のんびり日の出を待って、40分程滞在)
 
 
日の出時間は事前に調べよう。7月はだいたい5時50分くらい。
 
 
7時00分 イムギャーマリンガーデン(90分)
 
ここまでの道のりのどこかで、コンビニなどにより朝食の確保もしておこう!イムギャーマリンガーデンに着いたら、海を見ながら食べるのも良い。
 
 
9時00分 あたらす市場、ドン・キホーテ、マックスバリューを駆使してお土産を買うのがおすすめ。(60分)
 
 
10時20分 与那覇前浜ビーチ(30分)
 
東洋一美しいビーチという別名を持つ。バナナボートや水上スキーで楽しむのも良い!
 
 
11時05分 来間大橋
 
 
11時15分 竜宮展望台(20分)
 
 
 
11時40分 『果実の楽園』で南国フルーツを堪能!(60分)
 
 
(もしくは、お昼はちゃんとご飯が食べたいという人は、東平安名崎の方まで戻るので距離があるが『丸吉食堂』でソーキそばを食べよう!)
 
 
14時00分空港
 

・というわけで・・・

宮古島とその周辺離島は兎に角絶景ポイントが多い。是非沢山のグルメと絶景を堪能してほしい!!

合わせて読みたい記事↓

『宮古島は1度に5度おいしい』

『ドライブが最高に気持ちい宮古島を観光しよう!!』

『伊良部島の観光スポット』

『死ぬまでに一度は行くべき島、下地島』

 
 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。