今大注目のPICK UP記事!! 

嘘みたいに美しい島、与論島を観光しよう!

 
今日はお肌の調子がすこぶる悪くて、30歳くらい老けた顔で落ち込んでいます。
セトセイラです。
 
 
 
ここ最近ずっと、ブログを更新しているわけですが。実はブログをはじめて、2.5ヶ月くらいがたちました。いつも読んでくださってる皆さん、ありがとうございます!
 
 
 
というわけで、本日は悩んだ結果。こちらの島をご紹介!
 

・与論島って、何処にあるの?

 
与論島、と書いて『ヨロントウ』という島を知ってる?
 
 
私と友人の、ある日の会話
 
 
セ「ただいま、ヨロンをバックパッカーしてます!!」
 
友「えー!!すごい!!いいなぁ!!それ、ヨーロッパの方?」
 
 
 
わりとこんな感じ。
 
 
 
いえ、日本の島ですから!!!!!
 

・与論島について

 
与論島は、奄美群島の1つ。鹿児島の離島。しかし、沖縄からの方が近い。なんなら、与論島から沖縄本島を見る事ができる。与論島へのアクセス方法は、飛行機、フェリー。飛行機なら沖縄から、40分。フェリーなら、沖縄から4時間。
 
あ、もちろん鹿児島県の離島なので、鹿児島からもアクセスは可能だ。
 
 
可能だが…
 
鹿児島から飛行機で約1時間20分、フェリーではなんと20時間。
 
 
アクセスはけして、いいとは言えない。
 

・与論島の風景の切り取りは、まるでギリシャ!?

 
与論島は、街のあちらこちらにギリシャのミコノス島みたいなオブジェや、建物がある。
 
 
私が訪れたタイミングは、天気があまりよくなかったので、いい写真が撮れなかったのだが、晴れた日の『ギリシャ風』は、まさかここが日本だとは思えるはずがない。
 
それもそのはず。実は与論島はギリシャのミコノス島と姉妹盟約を結んでいる。ホテルも、白を基調とした建物に、素敵な風景が多い。
 
 
是非、この夏の旅行は日本のギリシャへ!!
 

・幻の百合が浜

 
干潮時にだけ現れる幻の浜、百合が浜。その海の透明度がすごい!!
 
 
干潮時だけに現れるため、事前に調べてから行く必要がある。今は百合が浜は与論島名物なので、時期によっては案外混雑しているかもしれない。
 
 
そして、これまた、本当に天気が悪いから写真で魅力が全く伝えられないwwwwwwwwww
 
 
海は天気によって顔色が全く違う。(詳しくは『石垣島の見所は、ファミリー層におすすめ』の平久保岬の記事を読んでほしい)でもまぁ、行ってからのお楽しみという事で!百合が浜の特徴は、何と言っても、波がつけていったこの、規則正しい砂模様。これが全面に広がっている。それはまるで、海の日本庭園。
 
 
 
ちなみに、百合が浜の海の透明度は、限りなく透明。
 
 
え?そんな海あるの!?!?という訳でご覧ください。
 
 
これ、実は海の中の写真。綺麗すぎて、透明という色が一番しっくりくる。
 
こんな海があるんです!!しかも、ここ、日本に!


・与論島駅、ヨロン駅

実は、与論島には、駅がある。
 
 
 
 
・・・え、島に鉄道が通ってるの!??
 
 
いいえ、通っていません。こちらは与論島にあるオブジェ。沖縄と鹿児島に挟まれたヨロン駅。
 
道路に名前があるように、航路にも名前があるのを知ってる?沖縄本島から鹿児島本土をつなぐ航路。これが『国道58号線』だ。その途中にあるのが与論島。この『国道58号線』を鉄道と見立てて、その途中地点の与論島にヨロン駅は建設された。しかもこちらのオブジェの線路と車輪は本物。
 
スポットとして、必見だ。
 

・あとは黙って、海に入れ!!

与論の海の美しさは、言葉などいらない。とにかく、その目で確認してほしい。運が良ければウミガメに出会える。(※ポイントがあるのでわりと会えるイメージ)


・まとめ

・百合が浜は幻の浜。海の日本庭園…!?

・海の色は、透明。

・日本のギリシャ、と言われる島。写真撮り応えばっちり、バカンス気分ばっちり。

・ヨロン駅とは。

・ウミガメに会えるかも!!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自給自足の島、加計呂麻島を観光しよう!

  2. 奄美大島を観光するならこんなポイント!

  3. 種子島を2泊3日で旅行しよう!!絶対おすすめのモデルコース!!

  4. 日本で一番宇宙に近い島『種子島』を観光しよう!

  5. 桜島を、歩いて観光しよう。桜島のモデルコース。【鹿児島観光】

  6. 世界遺産になった、『沖ノ島』って・・・いったい何なの!?

  7. 東京から一番手軽に行ける島『奄美大島』

  8. 【猫が沢山】桜島の魅力【鹿児島観光で訪れたい場所】

  9. こんな綺麗な所見た事ない!?与論島にある幻の島、『百合ヶ浜』は日本で見るサンドバー!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。