今大注目のPICK UP記事!! 

死ぬまでに一度は行くべき、下地島

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 

 

最近昼夜逆転している、セトセイラです。さてさて、本日はこんな島をご紹介。

 

・下地島

 

下地島は、沖縄県宮古列島の一つ。とても小さな島で、気付いたら島を出ていた…なんて事がある島。
 
伊良部島にほぼ密着状態の位置にあり、伊良部島から川を渡るような感覚程の小さな橋で繋がっている。2015年に伊良部大橋が開通されてから、宮古島から車でアクセスできるようになったので是非行ってほしい!!
 
 
 
 (作 セトセイラ)
 
 
だって、車でまわれるのだもの!!!!!
 

・日本で唯一のパイロット訓練用空港

 

 

下地島は、島の大半が空港施設で占められている。とにかく美しすぎるこのタッチアンドゴーを見てくれ(動画参照)。
 
 
この空港は、日本で唯一のパイロット訓練用につくられた『下地空港』である。
 
 
 
ジェット旅客機の大量輸送を可能にする為に、当時アメリカにしか訓練所がなく、つくられた日本の訓練所。
 
 
 
 
いくつかの場所の候補が挙げられた中、最終的に1972年に下地島に着工。
 
 
ただし動画にある民間用の飛行機の練習には現在使われていないので、練習は小型飛行機のみとなっている。
 
 
 
運が良ければ訓練が見られるかも?

・下地島の17エンド

 
 
そんな空港の目の前にある、日本一美しい桟橋と言われる、下地島の通称17エンド。北を0度とした時に、170度の方向に向かって飛行機が着陸してくることからそう呼ばれている。
 
 
ここはね、もう、何時間でもいられる。見てよこれ!
 
 
 
 
海がどうしてこんなに青いのかわからない。まるで、水晶の中に落ちたよう。
 
 
そして、当時撮った動画がこちらだ。
 
 

 
 
ちなみに、以前は飛行機も私達が普段乗るような大型機もここで訓練をしていたらしいが現在は小型機のみ。下地ブルーと飛行機のコラボレーションは飛行機マニアの間では聖地と崇めたたえられている。
 

・佐和田の浜の異様さ

 

下地島で絶景を楽しむなら、佐和田の浜!日本の渚100選にも選ばれている、お墨付きの絶景ポイント。
 
 
さて、下地島の主に佐和田の浜で見られる異様さを感じただろうか?
 
 
 
 
写真だとちょっと分かりにくいのだけれども。海に、大きな岩が沢山ある。とてもアート的で不思議。誰が置いたの?と色々と疑問が湧き上がってくる。そんな浜辺だ。
 
 
 
 
この岩の正体は、1771年4月24日に起きたマグニチュード7.4の地震により起きた、大津波『明和の大津波』だ。それによって海底にあった岩が大量に漂流された。それが、この奇妙な風景の正体。
 
 
 
 
この地震での津波の高さを調べてみると、その高さはなんと、85.4メートルと言われているらしい。しかし、その後の研究で、下地島では12.2メートル。八重山諸島でも34.8メートルだったのではないかとされた。なんにせよ、今当時の様子を知るものなど存在しない。
 
 
 
記録では、明和の大津波の死者は12000人。八重山諸島、宮古島とその周辺諸島の40%もの人口が一瞬で消えた。
 
 
 
 
私達が今日確かに見ている星空が視覚のタイムマシーンだとすると、この佐和田の浜は、過去からのタイムカプセルだ。この風景のなんとも言えない異様さに、気付けば心奪われること間違いなしのポイント。
 
 
 
 
(※佐和田の浜は、伊良部島から下地島にかけてある浜。なので、伊良部島観光でもぜひ)
 
 

・通り池

 
 
天然記念物に指定されているスポット。上空から見るとぽっかりと大きな2つの池が並んでいる。
 
 
ここはかつて鍾乳洞だったのだが、波に削られ巨大化。最終的に天井が崩壊し、2つの大きな池となったらしい。この池は海につながっていて、深さによって潮の濃度が変わる。その為、様々な生き物が生息していて、ダイビングの聖地的存在。
 
 
 
 
上から見ると、ぽっかりと突然地球上に空いた穴のようで恐怖を感じる。どこか目の話せない異様さがすごい。
 
 
 
 
ちなみに、先程ご紹介した明和の大津波はこの通り池に伝わる伝説が引き起こしたとも言われている。なんでも、人間が、人魚を捉えて食べようとしたので、その怒りに触れて大津波を引き起こしたとか。
 
 
 
是非ここも立ち寄りたいポイント。
 

・まとめ

 

 

 
・下地島は小さな島の中に色々凝縮された島
・津波岩が沢山ある風景は、どこかアート的で目が離せない
・下地島空港のパイロット練習が見れると良いことありそう
・17エンドの美しさは、同じ日本とは思えない
・どこか恐怖を感じる、通り池というスポット
 

ちなみに、こんな素敵なスポットでドレスみたいな水着を着て優雅に過ごしたい方はこんな水着に特化したお店を見つけたよ**→【SEA DRESS】(シードレス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。