今大注目のPICK UP記事!! 

これぞ沖縄!!という風景を見に竹富島を観光しよう!!

 

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 
 
夢は旅をお金にする事です。セトセイラです。
 
 
・・・あ。あと言い忘れてたけど。すっかり夏がやってたので、ノースリーブデビューを果たした、セトセイラです♡(殴)
 
 
 
さてさて。冗談はおいておいて。
 
 
 
皆は夏の旅行の予定は決めた?もし悩んでるなら、忙しい人向けに2泊3日の旅行を想定して、石垣島と竹富島のダブルがおすすめ。
 
 
 
石垣島は一日もあればおおよそ堪能できるし、竹富島も最悪半日で堪能できる。残りをマリンスポーツに費やせば完璧な旅行プランだ。2泊3日のモデルコースは是非とも石垣島観光二泊三日モデルコース!石垣島と竹富島旅のおすすめ完全版を参考にしてほしい。
 
 
そんなわけで本日は、竹富島のお話。
 
 
青い海、低い瓦屋根。家は広めの一軒家で、石垣に囲われている。たまに遠くから聞こえる三線の音を背景に、一軒一軒を見守るシーサー、ハイビスカス、水牛
 
 
 
そんな映画や小説の中で描かれる昔ながらの沖縄の風景を誇るのが竹富島だ。
 
 
「竹富島は八重山列島のディズニーランドだ」
 
 
と地元の人は語っていた。(あれね。けしてファンタジー要素満載のキャラクターとかネズミが沢山いるとかそういう話じゃないよ。見どころが沢山っていう意味だよ)
 
 
そんな竹富島の魅力に迫る

・竹富島とは?

 
八重山諸島の1つ。アクセスは石垣島からフェリーでたったの10分。フェリー本数も多いので、帰りのフライト前にも楽しめる島。何より、竹富島までのフェリーはほとんど運休にならないから助かる。(ちなみに八重山諸島の中では、波照間ー石垣島間と、鳩間島ー石垣島間のフェリーはよく運休する)
 
 
 (作 セトセイラ)
 
 
竹富島に上陸してまずはじめに目にするであろうこの看板。
 
 
 
竹富島は、島全体が文化景観であるとされ西表石垣国立公園に指定されている。具体的には、貴重な植物に、伝統溢れる建物、町並み、お墓、道に至るまで、全てが昔ながらの沖縄。伝統溢れる建物はさらに、重要伝統的建造物群保存地区に選定。
 
 
 
 
 
まぁ、お堅い言葉だけれども、要は全部伝統的な街。はい。それに尽きる。
 
 
 
観光客も非常に多く、わくわくした時間を過ごせるそんな島。外周は9.12キロほどなので、歩いてでも自転車でもまわれるのも魅力。
 

・竹富島は、海のコントラストがすごい!

 
是非とも、海沿いを歩いてほしい。道がないのでちょっと足場が悪いけれども。何故なら、竹富島の海はコントラストがはっきりしていて、透明感もばっちり!晴れた日の海のプリズムは何時間でも見ていられそう。
 
 
私はちなみに海に半日以上費やしてしまった竹富島。好きすぎる…
 

・竹富島の観光スポット西桟橋

 
観光スポットの西桟橋に行くと、これでもかというほどに海の青が入ってくる。
 
 
せっかくなので海に入ると、まぁびっくり
 
 
ナマコだらけ。これでもかと言うほどナマコ祭り。
 
 
ナマコは毒はないけれども少しドキドキしちゃう。遠浅な海なので泳ぎ辛いけれども、よく探せば、カクレクマノミに出会えます。
 
(作 セトセイラ)
 
 
とにかく、海は綺麗すぎてうっとり。
 

 ・竹富島といえば、水牛車

 
竹富島では観光名物の、水牛車に乗れます!
 
 
 
水牛が途中途中でおしっこしたりするのとまた、面白い。(別に私がそういう性癖とかそういう話じゃないよ)
 
沖縄民謡に包まれながら水牛車に揺られてまわる竹富時間は贅沢すぎて、最高のリフレッシュ。
 

 

・ぱいぬ島のかき氷がすごい

 
竹富島で有名なかき氷のお店がある。
 
 
【パーラーぱいぬ島】
 
見よ!この大きさ、この美しさ!ルックスも完璧。
 
 
セトセイラwith
 
 
とにかく大きくて、ふわっふわ!これで400円というから食べない手はない。
 
味も豊富に取り揃えていて、選ぶのに困っちゃう。
 
 
困っていいんです。
 
 
 
 お店:パーラーぱいぬ島
 

営業時間:10:00~17:30

住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富417

電話:0980-85-2505


・まとめ

・町並みがザ・沖縄

・海沿いを歩くのがお勧め

・海の透明度が高い

・ナマコが多い

・水牛車が面白い

・かき氷はぱいぬ島


というわけで、是非竹富島を楽しんで!!!!!!!!!!(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。