今大注目のPICK UP記事!! 

キングコング西野さんのビジネス書『革命のファンファーレ』を読んで

 
 
東京に帰ってくるとどういうわけか、いつも眠くなるセトセイラです。
 
 
 
本日は、久しぶりの読書感想文。
 

 

【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】西野亮廣 著

 

 
あまりに話題すぎて、色々な方が色々な視点から感想や野望をあげているこの本。全体的な感想は、逆に他の方にお任せして
 
 
 
コミュニケーション記事を得意とする私は、広告とは全然違う方向から考察しようと思う。
 
 

・キングコングの西野亮廣さんってどんな人?

 

 

 
キングコングの西野亮廣さんと言えば、お笑い芸人だ。突然の引退宣言と共にメインの肩書きは現在、絵本作家を筆頭に様々な活動をされている。(キングコングは現在も活動中)
 
 
 
 
 
中でも昨年販売した【えんとつ町のプペル】は「5000部売ればヒット」と言われる絵本業界では異例の32万部の大ヒット。目標は100万部、との事で現在もなお様々な広告戦略で勢力的に自身の産み落とした作品で仕掛けている。
 
 
 
 
 この絵本は、クラウドファンディングで1億円という過去最高額を集め、絵本をネット上で完全無料公開した後Amazon総合売り上げランキング第一位に再び返り咲いた。とにかく沢山の人を巻き込んでの話題作。
 
 
 
 
そんな西野さんは時代の革命者だ。
 
 
 
 
常識に囚われず、あらゆる『行動線や流れ』に疑問をち正面から革命を起こしていく。
 
 
TwitterやYahoo!ニュースで西野ざが話題になるのな日常茶飯事。そんな西野さんが2冊目のビジネス書を出されるというので早速、手にとってみた。
 
 

・【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】

 

 

 

 
Twitter界では連日『革命のファンファーレ』祭りだ。発売前に7万部を売ったという、『革命のファンファーレ』。
 
そして、西野さんと言えば、自身の作品「えんとつ町のプペル」を無料公開した時にネット上が大炎上(→無料公開はこちら)。
 
 
 
『無料で公開するなんて、今まで買った人達をバカにしてる!』
『制作に関わったスタッフがかわいそうだ!!』
 
 
 

なんて言葉は目が文字になるほどTwitter上で見かけた。そんな、革命者の西野さんが今度はビジネス書で仕掛けていた。再びクラウドファンディングをしていたり、本書の一部を西野さんのグログにて無料公開している↓

『革命のファンファーレ』の前半40ページを無料公開してみた。

 
 
この無料公開を読んで、「絶対買いたい」と思った人は少なくないはずだ。だって、この『はじめに』の下りで西野さんに心を掴まれる。
 
 
 
 
頑張れば報われる時代は終わり、変化しなければ生き残れない時代に、僕らは立ち会っている
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より
 
僕より上の世代は、僕より下の世代のように「職業に寿命がある」と言うことを体験してこなかった。多くの大人は「職業は永遠に続く」という前提で話を進めてくる。だから、すぐに「お前は何屋さんなんだ?」と肩書きを付けたがる。上の世代の皆様には申し訳ないが、今はそんな時代ではない。
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より
 
 
言葉1つ1つにそれはそれは大きくて温かいエネルギーが宿っていて、引きこまれていった。
 
 

・西野亮廣さんという、好奇心の怪物

 
 
 
この本は広告業界の人間でなくても、全ての項目が『人生』に置き換えられるので今という時代を生きる大人は読むべき本だ。私はこの本を読んで、西野さんのすごさに圧倒された。
 
 
 
西野亮廣は、好奇心の怪物だ。
 
 
 
この本で紹介されているものは、多くの人が『そんなところまで疑問を持った事がなかった・・・』という事柄に対する、西野さんの答えと行動を実に分かりやすく紹介している。
 
 
 
【革命のファンファーレ】は、西野亮廣人生の、ほんの一部の冒険の地図だ。
 
 
 
多くの人が持たない疑問を持てる人は、頭が良い、とか以前にそもそも好奇心のレベルが怪物並みだ。その好奇心に私は嫉妬心を隠せない。
 
 
 
例えば、
 
なぜお金ができたのか?
著作権はなんで存在するのか?
著作権は本当に必要か?
インターネットが破壊したものはなんだ?
お母さんは、どんなものにお金を使えるのか?
人々は1日をどのような時間配分で過ごすのか?
スマホをスワイプする指はどの指なのか?
 
 
 
 
こんな事柄に疑問を持ち、正確に言語化し数字に変えていく。
 
 
そこまでの疑問を持てなかった自分が悔しい。もっと、私ももっと細かいところまで好奇心を持ちたい。
 

・今の時代、生き残る為に信用を稼ぐとは?

 
 
 
 
お金を稼ぐな。信用を稼げ。「信用持ち」は現代の錬金術師だ。
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より
 
 
こんな最高に美しい言葉がこの本に書かれているが、そもそも「信用を稼げ」という考えは今日あちこちで声が上がっている。(合わせて読みたい→『「なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。」を読んで【読書感想文】』
 
 
簡単に説明すれば、お金を稼ごうとするのではなく、人として「信用」を勝ち取る事が結果としてお金やものが集まってくるという話。
 
 
人から信用を得る為に『嘘をつかない事』と言うと簡単だが、嘘をつかざるを得ない環境にいる人がほとんどなのではないだろうか。
 
 
 
例えば、会社の上司のご機嫌とり
例えば、職場の人間関係
 
 
 
西野さんは、この本ではタレントはグルメ番組に出演すると嘘をつかざるを得ない環境だと例え話を書かれている。
 
 
 
そう、嘘とは自分の意思ではなく環境によってつかされる事が多いのだ。
 
 

・信用を稼ぐためには、嘘をつかない事を徹底する?

 
 
 
「好感度」ではなく「信用」の勝ち取り方だ。「認知」ではなく、「人気」の勝ち取り方だ。適当に参考にしてくださいな。タレントとして信用を勝ち取る為に、まずは「嘘をつかない」ということを徹底した。
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より
 
 
実は私は革命のファンファーレを読んでこの箇所に1番心臓がぎゅんとした。
 
 
 
そう、心当りがあるからだ。
 
 
 
私は、普段、女優タレント業をしている。かつての私は、例えば仕事欲しさに事務所にいい顔をする。ファンの人に必要以上にいい人ぶる。
 
 
 
 
私は自分の弱さ故の、八方美人だった。
 
 
『かつて』と言っているくらいなのでここ最近は私は自分にかなり正直に生きている。というか、その為にSNSを駆使している(詳しくは、合わせて読みたい→『役者志望や、タレント志望こそ絶対やるべき!!ブログやTwitterなどのSNSで発信しよう!!』)。
 
 
そう、この本にも書かれているが
 
 
嘘をつかなくても良い環境を作ることが大切だ。人が嘘をつく理由は、嘘をつかざるをえない環境にいるからだ。僕らの意思決定の舵は、僕らの「脳」ではなく、「環境」が握っている。
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より 
 
 
このことに関しては私も前々から思っていた事だ。
 
 
 そして、私が選んだ場所は明確に言語化する事のできるSNSだったのだ。
 

・『嘘をつかない』という事は、『思った事を何でも言う』という事ではない

 
 
 
 
 
 
「セイラちゃんって、人から嘘つかれるのが好きなんだね」
 
 
 
つい先日、とある人に言われた言葉がものすごい異物感を心に残していった。
 
 
いや、そんな人いなくないか?
 
 
その人曰く、例えば大嫌いな人がもういなくなって仕舞えばいいと心の底から思った相手に対して「私、あなたの事が嫌いだからいなくなってほしいって思ってる」と伝えるのが正義だと言うのだ。好きですと嘘をつく必要はないが、わざわざ伝える必要も全くない。
 
 
つまり、『沈黙』=『嘘をついている』気分になるのだと。
 
 
 
この例え話しは行き過ぎた話だが、信用を稼ぐ為に『嘘をつかない』という事は、『思った事を何でも言う』という事ではないという事を勘違いしてる人は多いように思う。
 
 
嘘をつかない事は確かに大切だが、その表明の結果が、人を攻撃する事に目的があるものは人間の質の悪さが浮き彫りになるだけだ。
 
 
 
自分の意思表明はマスターベーションの為にするのではない。
 
仲間を募る為に行うものだということをまずは理解しなければならない。
 
 
意思表明も、頭を使うのが大前提。
 

・行動に、勇気は必要ない

 
 
私がこの本の中で1番、はっとさせられたものを是非ともご紹介したい。
 
 
 
行動しない人間は、自分が行動しない理由を、すぐに「勇気」のせいにする。これは違う。大間違いだ。行動することに、勇気は必要ない。
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より 
一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ
引用 西野亮廣 著【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】より
 
 
とどめにこの言葉で私はもう西野さんにメロメロ。こんなの、ファンになっちゃうよ。
 
 
論点が違う記事だが、『苦手な人の上手な接し方。発想を転換してうまく付き合おう!!』に先日書いたのにも言える事だ。多くの人は、案外行動範囲が果てしなく狭くて、自分の知らない世界に対するハードルが恐ろしく高い。
 
 
西野さんが『えんとつ町のプペル』の戦略で全部無料公開した所以なのだが、ネタバレなんて屁でもない。
 
 
 
人は未知のものに対して『もしも失敗したら』『もしもつまらなかったら』『もしも公開したら』などというようなネガティブな感情に支配されがちだ。
 
 
故に、行動範囲が狭い人は圧倒的に多い。私はこの本を読むまでずっと、行動はその不安を上回る好奇心だと思っていた。もちろん、それも間違いではないが
 
 
 そんなポジティブシンキングではなくて、情報こそが全ての行動源となれる。
 
 
得体の知れない、謎の紫の液体は飲まない。
 
でも、ぶどうジュースは飲む。
 
 
 
行動力は、情報の仕入れだ。行動すれば行動する程情報は集まり、連鎖しやすい。なるほど、と思わされた。
 
 
 
私は、行動派だとは言われるが、まだ全然足りない。情報をもっともっと仕入れたい。その為にもっともっとアウトプットをしたい。その為にもちろんブロガーをしているのだが、より一層この言葉で自分が今やるべきものが見えた。
 
 
『自然と情報が集まってくる身体』を意識しながら、失敗を繰り返してこのまま行動しようと決意をより一層固めた。
 
 

・この本をおすすめする人

 
 

(instaglamに載せやすいように正方形に納まりやすい表紙デザイン、との事なのでせっかくなので正方形撮影)

 
 
この本そのものが、革命のファンファーレだ。
 
 
『時代に流されて生きろ』
 
 
実は、私の祖父の遺言だ。西野さんと同じ事を言っていたので少しだけ驚いた。時代はどんどん変わっていく。
 
 
普通、という枠にしがみついて本当に幸せかな?大事なのは自分がどうしたいか、何をしたいかだ。
 
 
でもせっかく人生、広い世界をこの目で見てみたくない?
 
 
そんな事を思うあなたにこそ、おすすめする本だ。
 
 
 
この物語の主人公になる想像の準備、できた?
 
 
 
 
その他、読書感想文記事はこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。