今大注目のPICK UP記事!! 

役者・タレント志望こそ絶対やるべき!!SNSで自分を発信しよう!!

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 
常に図書カードと、映画のフリーチケットを持っているセトセイラです。
 
 
 
 
本日は、私の大好きなSNSの話。
 
 

・SNSって何?

 

 
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスのことである。
 
 
SNSが今の世の中主流だ。FacebookにInstagram、Twitterにブログ。そして、最近は動画配信サービスまで流行っていて、YouTubeにニコニコ動画を皮切りに、SHOWROOMやツイキャスなど様々な個人が運営できる『個人メディア』がある。
 
私もここ4ヶ月程意識的にSNSをやっているのだが、明らかにやる前とやった後では世界が変わった。もっと前から積極的にやっていれば良かったなと思う程だ。
 
 
SNSの魅力は何と言っても『情報量の多さ』。例えば、行きたいお店に行くのに今の時代はタレントさんがコメントしたような広告を見るよりも、絶対に『消費者が利用した実際の声』の方がリアリティがある。普通の人が発信できる場だからこそ様々な視点からものが見えやすいのだ。
 
 
もちろん、不確かな情報も沢山あるし、特にTwitterにはお口が悪い人達が沢山存在する為悪いものをもらわないようにしたいところだが、それにしてもSNSは自由で楽しくて、素晴らしい!
 

・SNSのプロ達

 

 

 
 
そんな中、SNSを仕事にしている人達が現れ始めたのは承知の事実だろう。個人的な話だが、私の大ファンの人はネット界に多い。はあちゅうさん、イケダハヤトさん、ラブホスタッフの上野さん。私が以前読書感想文を上げた燃え殻さんもTwitterきっかけで本を出版した。モテをクリエイトするゆうこすちゃん()もSNSがきっかけで人生が変わったと声を大にしている1人。
 
ゆうこすちゃんは、最近SNSでもっともっと夢を叶える人が増えて欲しいという願いを込めてこんな本を出版した。
 

 

 
この本は、是非ともSNSを上手に使いこなしたいと思っている人は読むべき本で、初心者にも分かりやすくSNS毎の特徴などが書かれている。いやぁ、いい本だった。↓
 
 
 
 

・役者・タレント志望こそ利用すべき!!SNS業界!!

 

 
 
私は普段事務所に所属で女優タレント業もしているのだが、SNSをやり始めて強く思った事がある。
 
 
『役者志望や、タレント志望こそ絶対やるべき!!ブログやTwitterやってないなんてもったいない!』
 
 
という事。これは、本当にもったいない。なんとなくTwitterアカウントを持っていたり、ブログアカウントを持っているという人は私の周りでも多いが、でも、ここははっきり言わせてもらおう。
 
 
 
使い方、間違ってる
 
 
これに尽きる。私は5ヶ月前まで、Twitterもブログも自分の宣伝の為だけに使っていた。役者志望やタレント志望もそのような使い方をしている人はほとんどではないだろうか?しかし、最近明確に否定するがこの使い方はかなりもったいない。
 
 
せっかく使うなら自分のプラスになる使い方したくない?ファンを1人でも増やしたいし、舞台のチケットを少しでも多く売りたいし、なんなら、仕事もとりたくない?というか、役者・タレント業をやっているなら最低限この辺りの欲は持つべきだ。というわけで、私がSNSをオススメする理由を説明しよう。
 

・SNSを駆使してアウトプットする事によりインプット量を増やす

 
これは、かなりやるべき。そもそも人間というものは、何かを学ぼうとかこんな人間になりたい、なんて思ってもアウトプットしていかなければインプットがされない。なぜなら、アウトプットしてみて初めて、自分が今足りないものや、必要なものが分かるから。そして、アウトプットした事により、自分のアウトプットした内容に共感を持ってくれる人からの情報が集まりやすいのだ。人はアウトプットの量でインプット量が決まる。特にブログの場合は、文字に明確に書き起こす為今の自分が何が言語化できていないのかという事がわかりやすい。
 
 
興味の持っているジャンルも、明確に言葉にしてみるからこそより一層知識が広がるのだ。
 
 
役者たるもの、できる限りインプット量は増やすべきだ。
 
 

・人に興味を持ってもらうなら、まずは自分がどんな人かをさらけ出すべき

 

 

 
 
以前の私の様に、ひたすら出演情報を流したところでそもそも『セトセイラ』を知っている人じゃない限り必要のない情報だ。その為、この使い方では従来のファンとの交流はとれるがファンはけして増えない。よほどルックスに自信がある人でない限り難しい。SNSは、どこまででも自由に発言できる空間だ。より、色々な人と接触できる為、自分が『どんな人なのか』をアピールできる場所だ。積極的にどんな事をしたい人なのか、どんな活動をしてる人なのか、その活動で人々にどんな有益さを与えられるのかを発信するべきだ。沢山の人々を巻き込んで、自分の活動や想いを見える化する事によって皆んなにファンになってもらう。
 
 
というのも、私がSNSの使い方で思い悩んでいた時にパリ在住、クラリネット奏者の吉田佐和子さんに教えて貰った受け売りだ。
 
 

 
 
SNSを駆使してる時に吉田佐和子さんの活動をお見かけした。本当にキラキラしていて素敵な方。吉田佐和子さんはお話を聞けば聞くほど共感する事が多くてすごく元気を頂いております。。
 
 
SNSでの重要は、相手が求める情報を考えて、そして巻き込んでいく。そしてファンになってもらう!!
 
 

・リツイートも引用リツイートをする

 
 

 
 
自分が興味のあるジャンルは積極的に引用リツイートすべきだ。そうする事によって、「普段こんな事に興味があるんだ」と思ってもらってまたさらなる輪が広がりやすい。私の事をリツイートや拡散で知ってくれた人も多く、そこから私のブログやTwitterを読んでくれてファンになってくれた人も沢山いる。
 
 

・最初は反応なくて当たり前、読まれなくて当たり前。今日食べたランチの話は1番いらない。

 

 
どうしても、芸能活動をしていると自分の宣伝活動の方に意識がいきがちで良く思われようとするツイートや、偽善的発言、ファンに媚びた対応、嘘の自分を提示する人が多い。それらは全部逆効果だ。
 
 
私が以前番組でご一緒したアナウンサーの方が言っていた事にやたらと納得してしまったが、呟くネタがない人はやたらと『今日食べたご飯』とやたらご飯ネタを発信する。
 
 
それが無難だと思っているのだと思うし、それによって充実している自分を演出しているのがモロバレだ。この際だからはっきり言うが、君が食べたご飯など、隣の人がどの駅で降りるのかというくらいどうでもいいネタだ。でも、役者・タレントたるもの人が何を有益な情報とするかという見え方は身に付けておいた方がいいのではないだろうか。
 
 
ランチの発信ならオススメのお店として紹介するような形で発信すべきだし、オススメのコーデなら洋服のブランド名やどういった時に効果的なのか(デートなのか、友達と遊ぶ時なのかなど)と情報として発信すべきだ。発信する内容を独り言、ではなく、情報として発信するだけで100倍も変わる。
 
 

・SNSのすすめと、私の夢

 
 
 
SNSは相手が見えないから一瞬忘れがちになってしまうが、同じコミュニケーション媒体だ。画面の向こうには、相手がいて。そして、相手がどう受け取るか。自分なら、どうしたいかを丁寧に発信するだけで見える世界がぐんと変わる。確かに、初めは全く反応がなかったりする為惨めな気持ちになって諦める人が多かったり挑戦しない人が多いがそれはもったいない。
 
 
 
SNSを駆使すれば、世界はどこまででも広がるし自分の可能性も広がる。ファンが増えて、自由に自分らしく生きていけるのだ。個人がメディアになれるいい時代になったと思う。
 
 
 
私は、普段コミュニケーション能力を売りに仕事をとることが多い。実際私は人見知りをしないし、コミュニケーションが得意だ。しかし、実はその裏返しは私が極度に人と関わるのが苦手なところにある。私は誰よりも人と関わるのが苦手だからこそ努力して技術を身に付けて、日々色々な本を読んで勉強して、実験と修正を繰り返している。おかげさまで、確かに私はコミュニケーションが得意だ。
 
 
 
しかし、本質的な部分は私は、文章の方がずっと自分らしくいられる。もっともっと、私は色々な事を発信したいし、私のわくわくやキラキラを通してより多くの人を巻き込みたい。
 
 
『こんな、生き方もあるんだよ』という代表でいたいし、少しでも人々の背中を推せる存在でありたい。
 
 
 
そんな思いから、私は4ヶ月前ブロガーになった。お芝居の中でも、モデルとしても、文章の中でも私は表現者でありたい。SNSを駆使してマネタイズをする。そして私から発信した世界を広げてワクワクと温かさと、横につながるコミュニティで皆で世界を共有したい大家族計画。そんな夢の、ゼロからのスタート。まだまだ先は長いのだろうが、私はブログを通じて繋がった縁が大好きだ。私が、私でいる意味をもっと人々を巻き込みながら楽しみたい。
 
 
 
 
人生をもっと楽しく、自由に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。