今大注目のPICK UP記事!! 

沖縄離島に行くなら間違いなく6月下旬をおすすめる訳

 

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 

日本国内離島にはまって早3年と少し。基本的には一人旅のスタンスをとる私ですが、同行者も募集してるセトセイラです。
 

 

最近はぐんと気温が上がり始めましたね。そんな中毎日毎日ヒートテックを愛用している今日この頃。せっかくなので、南の島の旅の計画の立て方のおすすめをご紹介。

 


 南の島なら狙い目は6月末

私は普段女優業、タレント業、飲食業、スタッフ業…etcと幅広く手を広げているので、旅は年に何度かをショートショートで。仕事とのバランスもあるが、大体3日~14日かけて旅に出ている。

人ごみが大嫌いな私はシーズンオフ、もしくは人が少なそうなところを狙って旅先を決定することが多い。ところで、シーズンの時とシーズンオフで飛行機代って全然違う事を知ってる?

例えば私の過去調べていた限りでは、石垣島に行くとして東京からのアクセスで、シーズンの時に行くと往復で最安約8万円。それが、シーズンオフになると最安で約3万円。

 

ひぃいいいいいいいい

 

こんなにも値段の違いがある。驚きだ。おおよそ安いシーズンは決まっていて1月・2月・4月・ゴールデンウィーク空け~6月・10月と値段が下がるわけだけれども、値段が下がっているからにはもちろん理由があるわけで。石垣島に行くのに1月行っても美しい海は見れるけれども、海に入るのは寒い!となる。

 

そこでお勧めしたいのが6月後半。

 

そんな事言うと会社勤務の皆さんからそんな融通きかねぇよと突っ込み受けそうだけれども

 

そもそもなぜ6月が安いかというと梅雨入りしているから。

 

もう沖縄地方は台風の確立が高すぎるし、なんなら帰ってこられない率も上がる。雨はほぼ毎日。せっかくの絶景ポイント地なのに、雨ってちょ…wwwwwと笑うしかない。

 

なのに、え?6月がおすすめってどういう事なの!?という訳で

 


・梅雨の抜け目

暦上では梅雨の時期の6月。実は6月後半は、梅雨明けをほぼほぼしている。航空券は安いし、人は少ない。その上、とにかく蒸し暑いから海に入るにはもって来い。

 

それが、6月末!!!!!!

 

良いことしかないのです。最強週間。シーズン的にもクラゲの遭遇率も低いので快適なマリンライフが楽しめる。

 


余談、マンゴーも食べられる!

 

 

南の島と言えば、やはりマンゴー。6月はマンゴーも旬なのでおいしいマンゴーにありつける。やはりグルメの充実は大事!せっかく南の島に行くのだから、産地の物を食べたい!!

という事で、是非堪能してほしい。

 


 

まとめ

 

・日本の南の島を狙うなら6月末

・飛行機代が安い

・気温が高いのでマリンレジャーが存分に堪能できる

・人が少ないのでゆっくりと堪能できる

・マンゴー。マンゴー。Oh MANGOU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。