今大注目のPICK UP記事!! 

バックパッカー女がまじですすめる、HISの日帰り旅行のバスツアー!!

趣味は、人間観察と旅と詰め放題と食べる事。セトセイラです。

 
 
今回の旅は、一本の電話から始まった。
 
 
「そういえば、誕生日プレゼントまだだったからなんか欲しいもの言ってよ」
 
 
私の誕生日は2月なので、だいぶ前だが実はかなり行きたいバスツアーがあったのですかさずそのツアーをねだった。バスツアーはコスパがすごくいいのでおすすめだ。休日を一人で刺激的に過ごしたい人には是非とも利用すべきツアー。今日はそんなバスツアーの魅力に迫る?
 
 
 

・東京から日帰り旅でお悩みなら、バスツアーがおすすめ

 

 
 
 
様々なバス会社が色々なバスツアーを用意しているが、日帰りで何処か旅行に行くならバスツアーもおすすめ。何と言ってもとにかくコスパがいい。バスツアーは、かなりギリギリのタイミングでも予約しやすい為思い付きの旅でもおすすめ。また、秋のシーズンはフルーツ狩りや食べ放題、紅葉狩りととにかく種類豊富でどこのツアー会社もかなり力を入れている。利用するなら、秋のシーズンがとにかくおすすめ。
 
 

・失敗しないバスツアーの選び方

バスツアーを選ぶなら1万円以上のツアーに行くべきだろう。
 
 
1万円以上のツアーは向かうポイントが多い。女心をこの業界は熟知しているとしか思えないような広告文句が飛び交う。『高級デカネタ食べ放題』『どっさりお土産つき』『お土産多くてごめんなさい』『秋刀魚つかみ取り』『ソフトクリーム巻き放題』。おいおいおい。いくら硬派な可愛いあの子だって思わず釘付けな文言を並べるんじゃない!実に、けしからん。
 
 
 
実際にどんなツアーがおすすめか私のおすすめをこっそりお教えしよう。私がおすすめするなら以下のポイント。
 
 
 
・お土産が沢山ついている
 
 
 
 
・・・え?これだけ、、、?
 
 
 
 
はい。これだけ。
 
 
 
 
一番おすすめしないのは食べ放題をポイントにしたツアー。食べ放題の場合、確かにお得感があるが普通の人はそんなに食べられない。
 
 
なんなら元を取ろうとする為に美味しいものを『無理して食べよう』という簡単に根性も出やすい為本末転倒だ。食べ放題はかなり自分が食べられるという自負がある人は選ぶべきだが通常の感覚では普通に自分で行って、食べられるぶんだけ食べた方が絶対にコスパもいいし、体にも優しい。
 
 
ではなぜ、お土産が沢山付いてくるのがおすすめかと言うとポイントは以下の通りだ。
 
 
 
 
・バスツアーは個人で行く旅行と違って、各ポイントの滞在時間が短い。その為『つい、時間がないから』という精神的追い詰められる理由で買い物をしない。
 
・ツアーならではの、その土地でしか手に入らないお土産を沢山貰えるので家に帰ってからもしばらくその余韻に浸ることができ満足度が高い。
 
・持ち帰った食材はどんな食べ方をしようかあれやこれや悩んでる時間も幸せだし、もし一緒に食べる人やお裾分けする人がいるならお土産から話が広がりやすくなり、その後の時間がかなり温かい。
 
・そして、本当に沢山お土産が貰えるツアーは、信じられないくらいの量のお土産が付いてくる為、近所の人、両親、友人など他の人に更にそれをお土産としておすそ分けする機会ができる。その為、人にも幸せのお裾分けをでき自分のコミュニティに信頼関係が生まれやすい。
 
 
 
 

・私が先日した信州ツアーをサンプルにバスツアーの魅力をお伝えしよう!!!

 

 
 
 
 
先日、こんなツアーに参加して来た。その名も、
 
 
HISのバスツアー『秋★みなみ信州つめつめ大作戦!ぶどう・梨・りんごのトリプル狩りとしゃぶしゃぶ食べ放題&まきまきソフトクリーム』
 
 
 
おーっと、あんなに食べ放題NGと言ったじゃないか!!と突っ込んだ人も大勢いるだろう。今回の目的は、あくまでも葡萄狩りをして、梨とりんごの詰め放題とタイトルにはないが、野菜の詰め放題に私の意識はあった実際に私が参加したバスツアーをサンプルにバスツアーってこんな感じ!!をぜひ伝えさせてほしい!!!
 
 
お土産どっさりのあるところ、私の生きる場所!!いざ!!!
 
 
・集合は新宿。参加者はHISのシールを付けていざ
 
 
新宿駅西口にあるコクーンタワー前に朝7時10分集合で始まった。早朝のこの時間帯はだいたいバスツアーを楽しむ人たちであふれている。バスの前に立っているHISのガイドさんに受付をしてもらってツアー参加者であるシールを服に。
 
 
ちなみに、バスツアーの認知はまだまだご年配の人の方が強くて20代は少ないので私のような者が参加すると目立つ。ただ、この日はTV的な取材が入っていたので珍しく若者層が多くて新鮮だった。バスツアーは本当に日帰り旅にはおすすめツアーなのでぜひもっと利用者が増えてほしいといつも思っている。
 
 
 
・乳製品加工場のすずらんハウスさんにて、ソフトクリームの巻体験。
 
 
しばらく高速に揺られて到着したのは乳製品加工場のすずらんハウスさん。どうやらここでソフトクリームを自分で巻くことができる…らしい。正直そんな子供じゃないわ!!なんて突っ込みが聞こえてきそうな内容だが、これが案外難しい。。地味にハマる。
 
 
 
 
巻けられればどこまでも、、、なんて侮っていた。。。
 
 
想像以上に自分のへたくそさに絶望しながら、牧場で食べるできたてのソフトクリームはすごく濃厚でほっぺたがとろけるほど美味しい。ここのソフトは食べるべきソフトクリーム!!
 
 
・駒ヶ根高原を散策
 
 
この日は残念ながら雨がものすごく降っていて絶景は拝めなかったが晴れているとものすごい絶景らしい。大雨で写真すらまともに撮れなかったがものすごく広大な場所で森林浴に最適な場所だ。こちらの散策は自由行動。
 
 ↓
 
・しゃぶしゃぶ食べ放題
 
 
『ビアンデさくら亭』さんにてしゃぶしゃぶの食べ放題。
 
 
こちらはなんと、馬肉、牛肉、鶏肉、豚肉。そしてしいたけ、しめじ、舞茸、えのき、エリンギやその他、野菜、ご飯、そばなどが食べ放題。ここのお店は馬肉専門のお店なので、『馬しゃぶ』を目当てに来る人も多いのだとか。馬はどんなに食べても太らないと聞きつけて、それはそれは、、、沢山堪能。24回おかわり。。(げぷ
 
 
・りんごと梨の詰め放題&りんごと梨とぶどう狩り食べ放題
 
 
 
言うても今さっきまでしゃぶしゃぶ食べ放題の後なので、ここでは食べ放題を楽しむというより狩りを楽しむ。そして、決められた箱に摘みたてのりんごや梨をお土産用に詰めて帰れるのが嬉しいプランだ。
 
 
 
こちらは、蓋が閉まらなければならないので皆だいたい同じ約2キロ程。沢山持って帰りたい人は小さなリンゴを中心に詰めると10個程。私はフルーツは大きくて美味しいものが好みなので大きな梨を4つとりんごを詰めた。
 
 
 
でもせっかくなので、大食い女はりんご1個と、ぶどう1房と、梨2個を美味しく頂いた。
 
 
・高原野菜詰め放題
 
 
そして最後は、私の大特技詰め放題。私は実は、普段スーパーで詰め放題をやれば人集りができる程だ。今回しかも種類が多くツアーのために特別に組まれたサービスなのでとにかく種類がすごい。長野の今日の採れたて野菜が14種類(確か)程。いやぁ~~、盛り上がった。最高に楽しい。
 
 
 
そして私の詰めた野菜は写真の通り。5キロ。大満足なでき。
ちなみにあまりにも詰め込んだので…TVの密着取材がプライベートで着いたww是非この時の様子をご覧いただきたい↓
 

 

 
 
そして再び新宿へ(18時頃着)
 
 
 
 
 
満足なバスツアーでした。。ありがとうございます。。
 
 
 

・バスツアーで持っていくべきもの!!

 
 
せっかくなので、私がおすすめするバスツアーで持っていくべきものをご紹介。
 
 
・折り畳み傘
山付近など天気が読めないポイントに行くツアーは特に要注意
 
・サブの大きなカバン
お土産ツアーは本当に沢山お土産がもらえるが…袋がない…なんて事態になりがち。必ずしもお土産を入れる用のカバンを別に持っていくべきだ。
 
・マスク
バスの中は乾燥がひどい…
 
・ウエットティッシュ
バスツアーは試食をするタイミングが割と多い。ウエットティッシュは持っておくべき。
 
 
 
 

・バスツアーはとにかくコスパ重視!

 
 
 この日のお持ち帰りは約7キロにもなって大満足。そんなに食べきれないわ!と間違いなく突っ込む人が多い事だろう。しかし、先程記載した事を思い出して欲しい。
 
 
 
物事、否定的に考える癖はやめてとりあえず目の前にある事を全力で楽しむべきだ。そもそも、それができない人は楽しむ才能がない。
 
 
多く手に入ったものは、周りの人に分けてあげればいい。それもまた、旅の醍醐味だと私は思うのです。バスツアーじっくり堪能、というよりはとにかくコスパがいいという旅。
 
 
移動も楽で、おいしいグルメやおいしい空気が沢山堪能できると思うとたった一日しかないお休みの可能性がどこまででも広げることができる。思い付きでも、クリック一つで参加できるのが魅力。是非週末はバスツアーで秋の味覚を堪能してみては?
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. #polca を始めて6日間が経過したので、結局どうなの?を綴ってみた

  2. 関東で無料で潮干狩りができるおすすめスポット『海の公園』(準備~塩抜きまで)

  3. SNSの写真はこだわるべき?写真の写り方が格段に良くなるコツ。

  4. 私は今amazonほしい物リストで生活しているという話

  5. セトセイラの肩書である『モテおむすび研究家』って何?

  6. セトセイラってどんな人?強さと弱さの理由

  7. 鳥取横断の旅で、私が出会った人達。【鳥取RPG報告】

  8. セトセイラ活動のスポンサー様募集

  9. LINE@はじめました!LINE@ってそもそも何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。