今大注目のPICK UP記事!! 

モテる男になりたいの?ねぇ、好きってなぁに?

モテる女になりたい!と決断してそろそろ1ヶ月目のセトセイラです。
 
 
 
そもそも、なんで私が急にこんなSNSの場でモテる女になりたい宣言をしたかと言うと『世の中『いい女』が最強説。オーディションで勝ち抜く方法から学ぶ、恋愛と人生の生き残る技』に記載した内容だが、世の中モテる女が仕事もとるんじゃないか!?疑惑を抱いたわけだ。特に、私の住む世界女優タレント業は女たるものモテてなんぼな世界。
 
 
実際、モテる事により自分がより『女』である事や『男』である事を脳がより認識する。その為女なら、女性ホルモンがバンバン出て、より女らしく。男なら男性ホルモンがガンガン活性化して、より男らしくなる。
 
 
 
と言うことは・・・このモテスパイラルにハマれば、いい男に加速がつくだと!?
 
 
 
というわけで、今回はモテるとは何かの禁断の扉を開けてみよう。
 

モテるってそもそも何?

 

 
誰でも、人生の中の一度や二度と言わず何度でもモテたいと思った事はあるだろう。人間だもの。『モテる』はそもそも漢字で『持てる』と書き、辞書を引いてみるとちやほやされる事なんて書いてある。
 
モテるとは、必ずしも恋愛的な意味だけに使われる訳ではない。周りの人を引き寄せ、人から尊敬されて、人が集まってくる。人から好かれて良い扱いを受ける。いずれにせよ、第三者をざっくざくに引き寄せるダイソンさながら。
 
 
 
もしも異性にモテまくるなら……全国の女子の股は洪水警報、男子は股間を慌てて隠す。ーそして1つになった。
 
 
 
 
・・・・・・そんな訳はない(というか怖い)。
 
 
 
 
人によって、モテる事の意味はおおよそ違うが、大概は『(好きな人や、ストライクゾーンの異性に)モテたい』という言葉が見え隠れしている。本当に誰でもいいという訳ではない場合がほとんどだ。「好きな人が欲しい」なんて呟く可愛いあの子にすかさず「俺の事好きになってもいいんだぜ?」なんてドヤ顔で言ってみろ。アイアンメイデン(鉄の処女)のような顔を拝むことになるだろう。
 
鉄の処女(てつのしょじょ)は中世ヨーロッパで刑罰や拷問に用いられたとされる拷問具。「空想上の拷問具の再現」とする説も強い。
 
 
 

恋人がほしい、好きな人が欲しいの正体

 
 
 
 
そもそも、なんでモテたいのか。もう一度立ち止まって自問自答をした方がいい。ここで、具体的な異性が思い浮かぶならばそれは、モテたいのではなく『好きな人と両想いになりたい』だ。もしかしたら、失恋するかもの恐怖からアウトプットする言葉を『モテたい』に変換している自分に気付くべきなので、その異性の事だけを考えよう。
 
 
しかし、問題はここで具体的な人が思い浮かばない場合。おそらくその理由は次のうちのどれかではないだろうか。
 
 
・失恋したばかりなどの理由により心の傷をどうしたらいいか分からない
・周りの幸せ報告で自分が惨めになってきた
・寂しい
・溢れる性欲が抑えきれない
 
 
 
最後の溢れる性欲が抑えきれない君は、人類として神に選ばれし誇り高き性欲の戦士だ。その性欲をエネルギーにして、夜の街に繰り出しナンパをしてくるがいい(→『女が教える、ナンパ術。いい女に会いたい?』)。
 
その他の理由に該当する人は、一見理由は違うが根本が同じところにある。この正体は、全て自己承認欲求だ。だいたい共通する事としては、日常生活においてのめり込むような趣味もなく仕事を生き甲斐にできている訳ではないのではないだろうか。要は、日常生活において、自分がこれと言える居場所がないのだ。通常、自分のやりたい事をやっている人や趣味にのめり込んでいる人は恋愛が先行にくるのではなく、その自分の進む道の中で意気投合する人に出会えるという順序だ。
 
しかし、今ひとつ日常が物足りなさを感じている人は、自分の存在意義を求める為に『好きな人が欲しい』『恋人がほしい』という発想に至る。けして、これが悪いという話ではない。ただ、先ずはそんな自分の空虚感から目を逸らさず真っ向から受け止めるべきだ。でないと、『恋愛』=『幸せ』という都市伝説に翻弄されて、本当の意味で恋愛を楽しむ事が出来なくなってしまう。恋愛とは本来、好きになろうとして好きになるものではなく気付いたらそこにあるものだ。
 
 
とにかく、そんな自分を受け止め、焦る気持ちを抑えよう。でないと、見えるものも見えなくなってしまう。
 
 

とはいえ、モテたい!!モテる男になりたいんだ俺は!!

 
 
 
と言う訳で、しのごの言わずモテる男とは何かを見た目以外で女目線でお伝えしよう。ファッションの清潔さはもちろん大事。無難なものを選ぶべし。ちなみに、noteではもっと詳しくご紹介しているので是非。
 

 

 

・仕事ができる男

 
仕事ができる男はいつの時代モテる格好いい。なので、毎日の仕事に全力で向き合ってみてはいかがだろうか。貴方の真剣な眼差しにうっとりしている女は案外いる。
 

・悪口を言わない、暴力的な言葉を使わない、おおらかな人

 
やはり、どんな理不尽な内容であったとしても男性の場合は女々しく見える。そして、短気さや、ちょいちょいでる暴力的な言葉は人間が小さく見えてしまって、その瞬間ないわ、のスタンプを押す女性は多いので普段から気をつけよう。
 

・話す時にたまに、じっ、と真剣に見てくる。

 
ずっと、目を見て話されると恐怖を感じるのだが、ここぞと言う時にじっ、と真剣な視線を送られると思わずどきっ、とする。全国のMっ気王国のお姫様がきゅんっ、とする瞬間。
 

・女性の話を楽しそうに聞いてくれるし、女性を惜しげもなく褒めてくれる

 
要は、聞き上手な男は本当にモテる。なぜなら、女は大半がよく喋るから。そして、ちょいちょい、「今の表情武器にしたらいいよ。可愛いと思う。」とか「今日の服装似合うね」なんて惜しげも無く褒めてくれると、もう、どうにでもしてってなる。しかし、これは注意が必要だ。女性は男性よりもものすごく勘がいいので、男性が出すエロい目で見てるとか、って言っちゃう俺かっこいいよね的なサブテキストは基本的に見えている。この純粋な気持ち以外のサブテキストが見えた瞬間、サブイボが止まらない。ほら、くしゃみまで出てきた。
 

・余裕のある男、行動力のある男

 
余裕のある男は格好いい。いちいち、女の色仕掛けに戸惑わないでほしい。ブレない自信を持っていてほしいし、企画者であってほしいし、信念を持って生きて欲しい。これは、小さなものであってもいい。例えば、先程の『惜しげもなく褒める』と言うのもそうなのだが、すごい可愛いなと思う女性がいたとして、スマートに「素敵ですね」と言えるのは行動力だ。それが『うわっ!めっちゃ可愛い・・・わー・・・可愛いなぁ・・・でも声かけたら気持ち悪いって思われるかなー』なんてあたふたして行動に移せないのはなかなか女々しい。自分の行動を自分で決めて、楽しめる男に女はくらっとする。

・気が使える男

 
サラリーマンや営業マンが得意とする『気を使う事』。しかし、気は使いすぎると窮屈になってしまうのでさり気ない気遣い程度が◎。歩くスピードをゆっくりにしてくれたり、食べるスピードを気にしてくれたり。そんな、さり気ない優しさに、のめり込みたくなるのだ。
 

・まとめ

 
いい男は、何気ないことができる男。女性の皆さんはこちらも参考にしてほしい。

『【※男性の皆さんは絶対に見ちゃだめ!】いい女・モテる女になる方法。小悪魔に、なってみる?』

ちなみに、先日Twitterでひっそり呟いたのだが、

 

 

 
大ファンのメンタリストDaiGoさんの出会い系アプリの心理テストが震えるので是非ともこちらをクリック。(女性版は女性用の心理テスト貼ってあるよ)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. amazonほしい物リストで住所がバレる!?必ずやるべき4つの事

  2. 沖縄のお墓について、不思議に思ったことない?

  3. 女が大好きな、チョコレートに隠されたえっちな効果とは?

  4. 自己PR、オーディションで自分の自分の強みを見つける方法

  5. 恋人との理想的な関係の秘訣【それ、勘違いのナルシストだよ?】

  6. 世界遺産になった、『沖ノ島』って・・・いったい何なの!?

  7. 自宅で食用に牛やヤギを解体してもいいのか?屠畜法について

  8. モテる男や女になる為にあなたができる5つの方法

  9. 私が出会った危険生物達。日本で出会う身近な死の恐怖

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。