今大注目のPICK UP記事!! 

沖縄旅行に行くなら、おすすめの+1のスポットを旅行タイプ別にご紹介

好きな男のタイプは、重要な話しをLINEでしてこない男です。セトセイラです。

 

 

・・・?なんだって?どうでもいい。いやいや。大事なことだよ。Twitter上でこの論争が熱かったのでついつい私も頷いてしまったよ。草食男子を言い訳に、LINEで告白とか振るとかをしようという神経がもう最低だと思うの。うん。もう力の限り引きちぎってやりたい。むしろ、引きちぎらせてほしい。

 

って、そんな話じゃなくて。本日は夏のバカンスと言えば沖縄に行く人も多いのではないかという訳で、沖縄旅行に行くなら絶対に組み込んでほしいポイントを旅行タイプ別にご紹介。


・家族の旅行に+1。『ハブ博物公園』

(出典 ハブ博物公園HPより)

 

家族旅行、と言えばやっぱり体験できるものが最高だ。子供がいくつかなのかは分からないけれども、幅広い世代が前のめりで楽しめるそんな非現実に連れて行ってくれる場所がいいだろう。という訳で、私がぜひともご紹介したいところがある!!!!『ハブ博物公園』。こちらの施設は時期によって様々なイベントを用意している。Twitterで流れてきた『ハブと添い寝』できるという企画が話題になった事で私も知った施設。沖縄と言えば、ハブ。まさか自然界のハブに出会うのは怖いので、接待安全安心施設で非日常体験の+αを。

 

ハブ博物公園

住所 沖縄県南城玉城字前川1336

お問合せ 098-948-3222

 

・友達同士の旅行に+1『国際通り』

(出典 公式 那覇市国際通り商店街HP)

 

友達同士の旅行なら、ベタだけれども国際通りがおすすめ。というのも、お店がとにかく多いこの商店街は、地元民から愛されてるいわゆる『汚うまい』店や、『アメリカンな店』など冒険心をくすぐられること間違いなし。見たこともないような食材が沢山並んでいる市場や、お土産屋さんも充実しているのでぜひ友達同士の旅行ではお店を事前に決めずに(※重要)童心に帰った気持ちで冒険してみてはいかがだろうか。奥の方に行くと沖縄そばが300円程度で食べられるようなお店もある。ちなみに、ドン・キホーテとかにあえていくのも◎。知っているかい。ドンキでは海ぶどうが150円とかで売っているんだよ・・・。なんて、ナマモノは流石に皆さんの意思にお任せするがおみやげ屋さんで売ってるようなブランドのあるお土産が普通に一番安く手に入る。

 

 

・恋人同士の旅行に+1『座間味島』

 

 

恋人とのひと時は、やはり美しい景色とロマンチックなシチュエーション。に狭い面積の布!!というわけで、ぜひ離島に渡ってほしい。ここはずばっとすっぱりはっきり言うが、沖縄本島の海はそこまで綺麗でもないし、泳ぐ事に適していない。沖縄からフェリーで50分程の慶良間諸島はダイバーさんもうなるほどの美しい海だ。中でも座間味島は海水浴場からのエントリーでウミガメと泳ぐ事も可能。(→合わせて読みたい『座間味島の海が、シュノーケルファンにはたまらない!!』

 

・一人旅に+1『結家』

 

『結家』とはゲストハウスの名前。沖縄の北部にあるここのゲストハウスは何って、立地が素晴らしい。海の目の前にあるので景色もすごいが、この辺りは海の透明度がすごい。建物も優雅でアットホームな作り。ここから見る日の出がもう、ものすんごい。

夜8時頃、ご飯会が毎日開催されるのだがそこで旅人たちと交流できるのもうれしいひと時。『何もしないをしに行く宿』『海まで30秒』をコンセプトにしている。あっという間に友達ができます。

 

なきじんゲストハウス結家

沖縄県国頭郡今帰仁村字仲尾次609
090-8827-8024

 

・これから告白・プロポーズする勝負旅に『首里城公園』+1

沖縄出身の友人におすすめされたスポット。首里城の近くにある首里城公園の西のアザナの夜景。穴場スポットだ。夜ちょっとした散歩がてら、背伸びをしすぎないポイントだからこそいいのではないだろうか。

 

首里城公園

沖縄県那覇市首里金城町1-2

 

 

旅行スタイルに合わせて+α旅してみよう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 伊良部島の観光スポット

  2. 死ぬまでに一度は行くべき、下地島

  3. 伊良部島・下地島では海を全力で楽しもう!!

  4. これぞ沖縄!!という風景を見に竹富島を観光しよう!!

  5. 宮古島旅行二泊三日で満喫する、最強モデルコース

  6. 日本で1番天国に近い島、波照間島

  7. 石垣島観光、二泊三日で離島も楽しむ最強モデルコース【完全版】

  8. 石垣島で石垣牛を食べるならどんな食べ方がいいのか検証してみた

  9. 小浜島という、リゾートアイランドを楽しむには・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。