今大注目のPICK UP記事!! 

小浜島という、リゾートアイランドを楽しむには・・・?

 
夏祭り、誰と過ごしていますか?セトセイラです。
 
 
 
久しぶりに沖縄の記事を書こうかと思う。タイムリーな事をタイムリーに書こうかと思っているので、職業が旅人でない私はどうしても旅以外の情報が日常には多いのだ。なので、私の大好きな事を沢山書きながら、少しでも誰かの楽しみのお手伝いができたらと思ってブログを書いている。
 
 
また、当ブログでは『こんな記事書いて欲しい!』というリクエストも可能な限り受け付けているのでお気軽にお問い合わせして欲しい。
 

・小浜島

 
 
 
小浜島は、沖縄県八重山諸島の1つ。アクセスは石垣島からフェリーで25分程。周囲は16.5キロ程などでレンタルサイクルかレンタルバイクがおすすめ。しかし、島の面積の5分の1がリゾートホテルの私有地となっているリゾートアイランド。私有地内は一部レンタルバイクもレンタルサイクルも走行できないので注意しよう。この島の最大の特徴は、そう。ずばり、何もないところ。ちょっとリッチ気分で南国のホテルに泊まって贅沢時間を過ごせるそんな島。ゆったり、のんびりと南の島で優雅に過ごしたい大人な貴方にこそおすすめの島。
 
 


・シュガーロード

 
 
その名の通り、サトウキビ畑の広がる通り。NHKの連続ドラマ「ちゅらさん」のロケにも使われていた通りで、この景色が小浜島の代名詞となっている。
 
 
・・・・・・だがしかーーーーし!!!シュガーロードの写真なんて全然撮っていない事件wという訳で実際に訪れてからのお楽しみといこう(冷や汗)その代わりと言っては何だが、おじぃがサトウキビ畑でサトウキビを刈っている写真だけなぜか撮ってきたよ。
 
 
 
この、サトウキビ畑がどこまでも続く道はこれぞ沖縄というような風景だ。自転車やバイクで是非爽快感を味わいながら駆け抜けて欲しい。ちなみに、私の旅はコミュニケーション術を駆使する事に全力をかけている(→合わせて読みたい『旅先でコミュニケーションを駆使する。上級者向けの外交旅。【コミュニケーション術】』)ので、もちろんシュガーロードでも発揮。夢にまで見た、『サトウキビ畑のおじぃに、サトウキビのおすそ分けをもらってその場で食べる!!』術を発動して楽しんだ。
 
 


・大岳展望台(うふだきてんぼうだい)

 

 

 
大岳、と書いて『うふだき』と読む。・・・って読めるかーい!この大岳展望台は小浜島のちょうど真ん中辺りに位置し、小浜島を360度見渡す事ができる(ま、そんなに高くない展望台なんだけれどもね)。ぜひ、小浜島を訪れた際には行くべきポイント。そろそろ白状すると、小浜島に関してはほとんどまともな写真を撮っていない。当時ブログを書こうなどと全く想像していなかったのだ。ちなみにここでも、サトウキビをかじかじする。食べ終わらん!!!サトウキビ!!!という感じで、小浜島旅はしばらくの間サトウキビをかじりながら旅していたのは内緒の話。
 

 

・リゾートホテルのビーチは優雅! 

・『ホテルアラマンダ小浜島』『ホテルニラカナイ小浜島』

 
『ホテルアラマンダ小浜島』『ホテルニラカナイ小浜島』と『はいむるぶし』という巨大リゾートホテルが島に大きくそびえ立つ(※2017年3月11日星野リゾートは閉鎖)。
 
 
私が訪れた時は星野リゾートが健在していた時だったので、『ホテルアラマンダ小浜島』『ホテルニラカナイ小浜島』の様子はネット上でしか分からないのだが、とにかく様々なアクティビティが用意されていて、施設内には海の見えるbook café(ここ私一番行きたい)や、海の見えるプールに、スパやゴルフとなんでも有りだ。頑張ってる自分へ贅沢な南国時間をプレゼントしてみてはいかがだろうか。
 
コンセプトは『たいせつな人とごほうびの島へ』
 
 

・『はいむるぶし』

 
(ぎりぎり見えないを狙った写真を撮ろうという、中学生もびっくりなはしゃぎをしていた小浜旅の写真。撮影者はたまたま出会った同じくバックパッカー中の旅人)
 
 
(『はいむるぶし』ではやたらとやぎが飼われているので一緒に記念撮影撮ろうと思ったら髪の毛を食べられた)
 
 
 
 
そして『はいむるぶし』はとりあえずビーチが美しい。私はバックパッカー旅だったのもありこういういいとこのホテルにはけして滞在していないが、ビーチが美しいと聞きつけてビーチだけ堪能する事に。まぁ?400平米あるだけあってものすごい広い。ビーチどこーーーってなって、やっと辿り着いた。ホテル滞在者ちは有料でカートをレンタルできるので、ぜひあちこちと回って欲しい。はいむるぶしもアクティビティに長けているので、これはもう、上記のホテルとはいむるぶしとで好みの方を選んでゆっくりゆったりな贅沢時間をすごそう。
 

 ・まとめ

いや、もうここは包み隠さず言うと…小浜島は本当に何もない(ちなみに商店は一軒ある)。小浜島には観光、と言うよりもちょっとリッチなリゾートホテルを楽しむ為に行くのが良いだろうと思う。海は間違いなく綺麗で、これぞ、南国という島だ。私もホテル滞在をしていないのだが、兎に角敷地も施設もあまりの広さに驚きだ。HPを見るとまるでブルジョア気分。小浜島には『南国リッチ』しに行こう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 沖縄離島に行くなら間違いなく6月下旬をおすすめる訳

  2. 黒島という最高に常識を覆される島

  3. 石垣島観光、二泊三日で離島も楽しむ最強モデルコース【完全版】

  4. 石垣島旅行で他の人と絶対『差がつく』お土産をご紹介!!

  5. 石垣島旅行には、ダイビング・シュノーケル!!おすすめダイビングショップ『WAKE UP CALL』

  6. 伊良部島の観光スポット

  7. 死ぬまでに一度は行くべき、下地島

  8. 1日で満喫できる離島、伊江島

  9. 伊良部島・下地島では海を全力で楽しもう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。