今大注目のPICK UP記事!! 

旅のあるある体験談。予め知っていれば、もう何も怖くない。

香り付きの炭酸水で、なかなか美味しいのに出会えない日々を送っているセトセイラです。

 

 
 
私は日本の離島を年に1、2回1人でバックパッカーしているのだけれども一人旅だからこそのあるあるを集めてみた。これも、楽しみの一つだったりするのだ。

・LCCあるある

【遅延が多い】

 
 
格安で飛行機利用できることから、現在人気を集めているがLCCは遅延がとにかく多い。
 
LCCでの旅の際、空港お迎えのレンタカーを頼むとすごい確率で時間にたどり着けない。私は以前なんなら6時発の飛行機に乗るべく前日から泊まり込みで空港にいたのに、出発が1時間遅れ、『始発よりも遅い電車でも間に合ったやん!!』というシチュエーションに遭遇した。しかも、飛行機に乗り込んだ後に待ちぼうけパターンだったので、電話も他の人の迷惑を考えてなかなか先方にできずヒヤヒヤした事が何度かある。レンタカーなんかは、便名を予約の際に伝えるので大丈夫なのだろうが、1人だとやたら不安になる。
 

【荷物をいかに、減らすか】

 
LCCは荷物を預けるのに別途料金がかかるので、機内持ち込みだけで済ませるのに旅人は全力で荷物を減らしにかかる。航空会社によって違うが、私が利用するジェットスターやバニラエアでは機内持ち込みは7キロまで。私は一眼レフを持って行くのでそこにだいたい3キロ程とられる。洋服と化粧品を最低限に抑えて何とか。LCCの場合、お土産は現地でまとめて買ってもう使わない衣類と共に最終日に送ってしまうのが一番安いし、なんだかんだ旅のスタイルとして一番楽だ。
 
旅先では旅人同士で、帰りの日に買いすぎたお酒やお菓子を配り歩くのも楽しみの一つ。
 
 
ちなみに、LCCの機内持ち込みは以下の通り。超過した場合の料金設定や預けるに荷物の重量制限も各社で異なるので注意。
 
 
 航空会社        縦×横×奥行     重量 
 
 ジェットスター      56×36×23     7㎏
 ピーチ          55×40×25     10㎏
 バニラエアー       56×36×23     10㎏
 スカイマーク       55×40×25     10㎏
 エアドゥ         55×40×25     10㎏
 ソラシドエア       55×40×25     10㎏
 春秋航空         56×36×23     5㎏
 

・人

 

【やたらと話しかけられる】

 
明らかに旅人の格好をして1人で歩いていると、面白がって話しかけてくる人が多い。正直なところ、私が女だからというのも効いているだろう。話しかけられる内容としては、普通の世間話から心配して車で送って行ってあげるという優しさに溢れたお声がけが多い。もちろん、日本は比較的安全な国だが必ずしも安全とは言えない。一人旅の女性を狙って声をかけてくる人も案外多いので、注意が必要だ。ただ、相手を見極めながら時には流されてみるのは一人旅の醍醐味。思いがけず船に乗せてもらったり、ご馳走して頂いたりと案外善意に溢れている方が多いのも事実。私はそんな出会いからずっと繋がっている人もいて、あの時声かけられて私がついていってなければなぁと不思議な感覚。
 

【旅ラブ】

 
旅先で、素敵な恋に落ちるのでは、、!?と聞いてみたいと思う人も多い事だろう。結果から言うと、充分にあり得る。『旅』というものがアドレナリンがでまくっていて恋に落ちやすい状態にあるし、一人旅中にリードしてくれる男性やはしゃいでる女性を見ると、もう、好き!ってなる。人間やっぱり無邪気な姿とか、一緒に笑ったり楽しんだりするポイントが一緒だとすぐ好きになっちゃう。そんなもの。私の知り合いでも旅先で意気投合して結婚した人も何人か知っている。ぜひ、出会いが欲しいという人はおすすめ。
 
ただ、私はもうお腹いっぱいですが。
 

・お店

【居酒屋と焼肉屋のハードル】

 
旅先では、せっかくだから美味しいその土地のものを食べたいと思った時、だいたい居酒屋か焼肉屋がヒットする。美味しいお料理は、美味しいお酒がつきものだからだ。しかし、1人で行くとちょうど良い量の料理がなさすぎて辛い。種類も食べられない、コスパ悪すぎる、、!そこでお勧めは、同じく一人旅してる人がいれば誘ってみること。知らない人でも同じ悩みを持っていると距離は縮まりやすい。
 
 
さぁ、これを気に旅ラブを。
 
 

【ツアーで1人参加できないものが沢山ある】

 
各所で開かれているツアーは、1人参加不可なツアーも多い。他にお客さんがいれば大丈夫な場合も多いとが、参加人数が1人の場合なしに無しになってしまう。特にマリンスポーツは1人だけだと船のガソリンなどを考えてお店側の負担が大きいのだろう。ツアーに参加しなくても充分たのしめるがツアー参加を考える場合、事前に確認が必要。ただ、HP上では参加不可と書かれていても電話してみると参加可能な事もあるので聞いてみよう。
 

・まとめ

 
一人旅には一人旅の良さが沢山あるので、普段の旅行とは全くの別物だ。一人旅あるあるを事前に知っておくと、そんなに旅先で慌てる事もない。一人旅は、自分の意識が常に外に向いている状態なので、前のめりな行動をとらざるを得ない場だ。ぜひ一人旅で新たな自分を発見してみては?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 3年に1度開かれる芸術祭、『瀬戸内国際芸術祭』ってどんなイベント?

  2. 沖縄のお墓について、不思議に思ったことない?

  3. 自分探しに1人旅をおすすめする本当の理由

  4. 自分の人生を旅で豊かにする方法

  5. バックパッカーが教えるこれさえあれば大丈夫!オススメな持ち物10選

  6. 沖縄そば・八重山そば・宮古そばの違い、お教えします。

  7. 沖縄と沖縄周辺離島で見かける、ヤシガニという生き物

  8. 【沖縄グルメ】島豆腐、ゆし豆腐って普通の豆腐と違うの?【雑学】

  9. 日本国内離島のバックパッカーが教える、旅費を極力抑えつつ楽しむ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。