今大注目のPICK UP記事!! 

『おふろcafe utatane』という全人類をうだうだにする夢の空間に行って来た

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら

フリーランスになってから1日の半分は眠り姫です。アラサーの国からこんにちは。セトセイラです。

 

突然だが、アラサーともなると朝から晩までのびのびとリラックスした日が週1で訪れる。分かるかい?この気持ちが。

 

遊園地よりも、温泉に行きたいお年頃なんだよ!!!!!

 

・・・という訳でちょうどいい場所はないかなんて調べていると、どうやら埼玉県の大宮に『おふろCafé』なるものがあるらしい!?という訳で全力でだらけきってきたのでレポする。

 

『おふろCafé utatane』ってこんな所

おふろCaféは『心とカラダがあったまれば自然と笑顔がこぼれる』をコンセプトにしている、なんとも夢のような空間だ。

 

なんでも、公式HPによると一つの空間で温泉有り、カフェ有り、マッサージ有り、フリースペース有り、ベッド有りと全力でまったりゆったりできる夢のような空間らしい。

イメージ的にはコワーキングスペースに温泉とカフェとマッサージエリアを併設させた感じ。どうやら全フリーランスにおすすめしなければならない施設らしい。これは行くしかない・・・!

『おふろCafé utatane』までのアクセス

おふろCafé utataneがあるのは、埼玉県大宮。東京在住の皆はもしかしたら大宮遠くない!?なんてなるかもしれないが、大宮は新宿から約30分程でアクセスできるので日帰りでも充分に満喫できる立地だ。という訳で、まずは、大宮駅へ。

いやぁ、私実は生まれて初めて大宮駅にやってきたけど意外と(失礼)都会なんだねぇ。駅前にはビルが沢山建っていてSOGOで真夏のビッグセールを堪能してからおふろCaféに行こうかななんて欲がふつふつと沸いてしまったよ。

・・・っとまぁ、そんな雑談は置いておいて。おふろCaféまではこの大宮駅の近くからシャトルバスが出ている。しかもこのシャトルバス何がすごいって先着9名しか乗れないという争奪戦なので多少の余裕を持って行こう。ちなみに、シャトルバスの時刻表はこちら。

引用 おふろCafé utatane 公式HP

そして、シャトルバスの発着所が若干分かりずらいので要注意。SOGOの道向かいにあるドラッグストアtomod’s(トモズ)さんの前と覚えておこう。何と言っても、シャトルバスとは公式HPに記載されているが・・・

どこからどう見ても9人乗りのワゴン車なのだ。とりあえず、ワゴン車におふろCaféのステッカーが貼って有ればOK。シャトルバスに乗っておよそ15分程で到着。

 

『おふろCafé utatane』に到着!!

という訳で夢の癒し空間おふろCaféに到着!!客層は友達同士、カップルの20代が多いという印象だ。ここは泊まる事もできるのでプチ旅行にも最適。

 

おふろCafé utataneの料金

温泉入りたい放題がついて1日なんとたったの1260円で利用できる。そこから、食事代などサービスを利用した分だけ加算される方式だ。宿泊は6000円~だが1人でふらっときて仮眠室でも充分という方は1900円で朝9時00分までうたた寝できる。

今回は取材も兼ねての利用だったので、私は1泊プランで利用。宿泊者のチェックアウトは翌日10時00分でOK。のんびりするぞーー!!

 

店内の様子はまるで…海の家?

チェックインを済ませて店内へ。すると・・・あちこちに砂浜を連想させるようなインテリアが・・・!どうやら、『埼玉県には海がないけどお風呂はあるじゃないか!!』という夏のイベントらしい。フリースペースにはハンモックも用意されていて、まるでリゾート気分。

宿泊のお部屋

お部屋はものすごくシンプルで、洗面台とトイレ、テレビ、ベッドがあるだけだが何とも言えない照明の感じと木のぬくもりが癒される。共同スペースに大量の漫画や、お風呂、マッサージチェア、ソファー、ハンモックなどがあるので部屋は寝るだけで充分。

歯ブラシやヘアゴムなど簡単なアメニティももちろん完備されているので、やっぱり今日泊まっていこうかなぁなんていう時でも安心だ。温泉も利用時間内なら入りたい放題で、サウナや露天風呂などもあって何度でも入りたくなってしまう。

 

『おふろCafé utatane』は料理もめちゃくちゃ美味しい!!

おふろCaféのカフェエリアでは、料理の種類も豊富。あくまでも私のイメージなのだが、こういうところの料理って高いだけであんまり美味しくないんだよなぁなんて思っていたが全然そんな事はなかった。お料理もめちゃくちゃ美味しい。なんてこった・・・!!

 

なぜかおふろ入ったその足で晩飯にありついたせいで夜ご飯は全然写真に収めていないという失態を犯したがお肉食べました。柔らかくて美味しかったですなんて感想だけ残しておく。

 

そして、朝ごはんはビュッフェスタイルで堪能することが出来て朝から幸せいっぱい。

スイーツも豊富なのでちょこっとお腹が空いたという時でも気軽に楽しむ事ができる。おかげさまで私もこの笑顔。

・・・ちょっと、眠そうだけれども。

モーニング:和洋のビュッフェスタイル 価格は800円 

ランチ・ディナー:サラダや丼もの、定食、アラカルト、スイーツなど。 平均価格は1000円~3000円

▶詳しいメニューはこちらから

 

『おふろCafé utatane』のここがすごい!!

館内では部屋着ならぬ、館内着でまったり過ごす。フリースペースでは皆があちこちでうたた寝をしたり、漫画を読んだりと本当にのんびりとくつろいでいたのが印象的だ。今の世の中、人前でこんなにのびのびできる空間があったのかと思うと感動が止まらない。いやぁおふろCafé最高ですよ。という訳で、おふろCaféのここがすごいをご紹介しよう!!

 

ここがすごい1▶漫画が沢山!!

出典 おふろCafé utatane HP

館内には漫画や雑誌、本が沢山置いてあって自由に堪能できる。しかも、この漫画おふろに持って行ってもいいらしい。読みたかったあの漫画に出会えるかも!?

 

ここがすごい2▶Wi-FiとPCが自由に使える

出典 おふろCafé utatane HP

フリーランス、ノマドワーカーに嬉しいfreeWi-Fiはもちろんの事、なんとパソコンまで自由に使う事ができるので仕事もはかどる事間違いなし。リラックスがてらお仕事なんて最高すぎませんか?

 

ここがすごい3▶コーヒーが自由に飲める!

なんとお水はもちろんの事、コーヒーも自由に飲み放題なのだ。仕事しながらでも良し。寝る前でも良し。おふろの後のコーヒ―も良し。最高ですか。

 

ここがすごい4▶マッサージチェアやハンモックも使いたい放題

出典 おふろCafé utatane HP

疲れたら、だらけられる場所とリフレッシュできる場所ばそこら辺にある。私なんて、ハンモックでうたた寝してたら気付いたら4時間も眠りについていたよ・・・。何が言いたいかって、それくらいのんびりとした時間が過ごせたって話だ。

 

ここがすごい5▶お酒も飲めるよ

おふろCaféは大人が好きな物を知っている・・・。という訳で、お酒の種類も色々と用意されていた。温泉に、美味しいお酒という最強コンビも堪能できるらしい。まぁ、これを書いている私はお酒が飲めないので皆さんに情報をお届けするだけなんだけどね。

 

ここがすごい6▶プロのマッサージサービスも充実

タイ古式マッサージや、あかすりのサービスも別途有料で堪能する事ができる。料金は2980円~。体がごりっごりに疲れていた私はせっかくなので60分の全身ボディケアを堪能する事に。価格は4980円。

 

セイラ「もう、めちゃくちゃ凝っているので強めでよろしくお願いします・・・!」

お姉さん「かしこまりました!」

セイラ「先日まで仕事でベトナム出張だったんですが、それ以来マッサージハマってしまって・・・」

お姉さん「ベトナムはマッサージ安いですからね」

 

そんな他愛のない世間話と共にあっという間の60分。どうやら、お姉さんは海外でもマッサージ師として活躍されているんだそうだ。めちゃくちゃマッサージの腕がよかった。。

 

マッサージを終えた後は信じられないくらい体が軽くなって、リフレッシュ完了。

 

まとめ

おふろCafé utataneは、泊まれて温泉入れて、ご飯美味しくて、仕事して、マンガ読んで、お酒飲んで、ハンモックでうたた寝したりマッサージしたり・・・

ってか最高すぎませんかこの場所!?

要は、この場所コワーキングスペースの最終形態だと思うんだよね。全フリーランスとノマドワーカーにおすすめしたい。温泉も2回入って、最高に癒しの空間だった。タイミングで開催されているイベントは違うので是非公式HPをチェックしつつ足を運んでみるのもいいだろう。

 

あ、ちなみにこんな貴重な情報頂きました。

 

 

土日はお早目のご利用を。

という訳で、是非人類の皆さんだらけに行ってくださいよ。

 

お店の名前:おふろCafé utatane

住所:埼玉県さいたま市北区大成町4−179−3

アクセス:大宮駅からシャトルバスで10分

営業時間:10:00~翌朝9:00

入浴料金:1260円(会員価格1080円)~

宿泊:可能

HP:おふろCafé utatane

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。