今大注目のPICK UP記事!! 

島根県離島隠岐の島諸島にある西ノ島ってこんな島

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら

最近、おむすび企画について毎日考えているセトセイラです。

先日、島根県の離島隠岐の島諸島の一つ、海士町にて『おむすび会』なるイベントに行ってきた。ちなみに、その時の様子は是非『セトセイラの肩書である『モテおむすび研究家』って何?』をご覧いただきたい。

そして、その後せっかくなので仕事仲間と別れて隠岐の島諸島巡りをした。隠岐の島は、実は大小合わせるとなんと全部で約180島にもなり、その中でメインの島は道後(隠岐の島町)・知夫里島(知夫村)・西ノ島(西ノ島町)・中ノ島(海士町)からなる。

 

という訳で、今回はそのうちの一つ『西ノ島』のご紹介をしよう。

・西ノ島(隠岐諸島)

隠岐の島諸島は先程記載した通り、道後(隠岐の島町)・知夫里島(知夫村)・西ノ島(西ノ島町)・中ノ島(海士町)の大きく分けて四つの島からなる。

一つの島が一つの『市』や『村』で完結している。

その中にある人口約2900人の西ノ島はとにかく見どころが多い。隠岐の島諸島の中で2番目に大きな島だ。島の大半が山でできており放牧をしているので牛や馬に沢山会える。

せっかくなのでいくつか観光所を紹介しよう。

 

・焼火神社(たくひじんじゃ)

焼火神社は、平成4年に国の重要文化財に指定された神社で、 平安時代から全国に海上安全の神として知られた神社だ。そして、現在隠岐島の社殿では最も古い建築とされていて1732年に改築されている。そして、焼火神社の社殿はよく見てみると・・・

社大岩窟の中からせり出すように建てられている、なんとも不思議な感じだ。

ちなみに焼火神社には『焼火山』と文字が掲げられていて、焼火山野山自体をご神体としている。

・通天橋(つうてんきょう)

国立公園に指定されている『国賀海岸』にある大きな岩。岩石の中央部が海蝕作用によってえぐられまるで橋のようになったことから『通天橋』と呼ばれている。

天気がいいととにかく海の青さと赤土でできた岩と広大な海岸に癒される。このスポットのスケールは口では説明できないのだがとにかく視界が開けていて180度の絶景を楽しむ事ができる。

・摩天崖(まてんがい)

『巨大なナイフで垂直に切り取ったような形』と言われる絶景ポイント。なんと海抜257mにも及ぶ大絶壁は海蝕作用によってできた崖がある。

・・・がしかしこの日はあまりにも風が強すぎて写真がブレブレでここにご紹介できるものがない!(笑)

しかし、ここは一生に一度は訪れたい『遊歩百選』に認証を受けていて、牛や馬がののんびりと歩き回るのを見ながら海風と共に絶景を楽しむ時間は格別だ。

だがしかし、本当に高いので高所恐怖症の方は注意が必要。

・サザエ丼

せっかく西ノ島に来たのだから島の名物が食べたい!!!と思い、島人に聞いてみるとなかなかに悩まれた。

その理由は、とにかくどこもかしこも食事処は中休みをとっている。。(私が付いたのは15時ごろ)そして、さらに西ノ島は広さがあるわりに食事処が港付近に集中しているのだ。私の利用した宿は港からかなり遠く歩きや自転車で行けるレベルをこしていた…

途方に暮れていると、たまたま山菜を採っていた地元のおじいさんが港まで乗せて行ってくださったのだ。そしておすすめされた西ノ島ならではのグルメとはこちら・・・

『サザエ丼』

・・・サザエ・・・丼?

はい・・・。という訳でこちらなんとご飯の上にしょうゆベースの濃い味のサザエと、隠岐の島で食べられている海草『アマメ』。それにめかぶと卵というなんとも豪華などんぶりだ。

一口食べるとサザエの磯の香りがすごい!!是非、名物堪能してみては?

ちなみに写真のサザエ丼は、西ノ島の港近くにある『コンセーユ』というお店。こちらのお店では他にも西ノ島の料理が堪能できるのでおすすめ。

 

お店の名前:コンセーユ

お店の場所:島根県隠岐郡西ノ島町美田2152-1

電話:08514-7-8671

営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00

 

・まとめ

隠岐諸島にある西ノ島。隠岐諸島の中でも自然に恵まれた西ノ島はとに角絶景癒しポイントが多い島だ。

島を堪能するなら山がベースの島なので、車が必須となって来る島だが自然を全身で感じられて、癒される。

島根県の離島、隠岐の島諸島は4島とも雰囲気が全然違うので4島とも堪能すると面白い。そして、日本海の離島が、こんなにも海が青く美しい事を是非とも体感してほしい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。