今大注目のPICK UP記事!! 

【むすんでひらいて×CAMPFIRE 鳥取】に参加してきたよ

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 
 
おにぎりを作り続けて、両腕が神経の病気になった変態セトセイラです。
 
 
今回はなんと、、、鳥取に行ってまいりました~~!!それも、お目当ては【むすんでひらいて×CAMPFIRER ローカル鳥取】イベント!!
 
 
あのCAMPFIRERさんと、旅するおにぎり屋さんのむすんでひらいてのコラボレーションだ。当ブログでも何度か記事を書かせて貰ったが実は私には肩書きに『おむすび職人』を名乗っている。
 
 
 
おむすび女としては是非とも、おにぎりイベントにも参加したいし鳥取のお米も気になるところ!
 
 
というわけご縁があって、鳥取に降り立ってきた
 
 

・CAMPFIRE

出典 https://camp-fire.jp/

 
そもそもCAMPFIREとは、今流行りの『クラウドファイディング』などのサービスを行っている会社だ。
 
 
クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。
 
 
 
 
 
さらに、私が以前やった企画『東京から日帰りで楽しむ、美しい伊豆の海を堪能しよう!!』を叶える為に利用したpolcaというフレンドサービスもこのCAMPFIREさんがやっているサービスだ。
 
 
それが、CAMPFIREだ。
 
 

・むすんでひらいてとは

 
 
そんなCAMPFIREのゆかちゃんとさくらちゃんという本当に可愛らしい2人組がいる。2人の共通点は、おむすびが大好きな事。 
 
 
そんな2人がやっている『旅するおむすび屋さん』。
  
 
こだわりの米・塩・海苔食材に出会うため全国を巡り、各地でおむすび会をしているというチームだ。
 
 

・CAMPFIREローカル鳥取×むすんでひらいてイベント

 引用 https://camp-fire.jp/projects/view/51997
 
 
ある日Twitterを見ていると、むすんでひらいてのクラウドファンディング企画が回って来た。
 
 

 
 
そして、今回のむすんでひらいてのクラウドファンディングの文章を読んでみると、こんな一文が。
 
 

私たちは、今回、

鳥取で採れる『 お米 』を知って、食べて欲しいと思っております。

引用 https://camp-fire.jp/projects/view/51997

拠点は・・・鳥取!?

しかも、鳥取お米がとれる…!?そんな事すら初耳だ。これは行きたい…!! 

今回はそんな旅するおむすび屋さん『むすんでひらいて』さんが、鳥取でおにぎりワークショップイベントを開催するというわけでご縁があってCAMPFIREローカル鳥取の方にお声がけいただき、実際に足を運んで来た。
 
  
そして、このイベント構成は以下の通り。
 
 

2017年12月10日 

11:00~13:30くらいまで むすんでひらいて×こども食堂(高校生以下無料)

16:00~19:00くらいまで むすんでひらいて×CAMPFIRE LOCAL 鳥取(参加費500円)

会場:米子法勝寺商店街 米子Daraz CreateBox 

鳥取県米子市法勝寺町70

午前中は、子供無料。地域おこしにその土地の美味しいの輪を広げて行くという、そんな、素敵な企画。

 
 

・というわけで、CAMPFIRERローカル鳥取さんにお世話になってきました!

 
 出典 https://local.camp-fire.jp/
 
 
というわけで…昭和が生んだ天才美少女漫画家のあんじゅ先生と、CAMPFIRE さんにお呼ばれ(仕事と呼びたい)あって鳥取へ行って来た。
 
 
 

あんじゅ先生とは?

 
 
 
Twitterで『ライブお絵描き』でお馴染みの漫画家先生。ひょんな事から大の仲良しに。ライブお絵かきとは、実況中継をお絵かきでお伝えするという早業だ。
 
 
 
ちなみに今回『仮想通貨』のイベントにも参加させて頂いた(※こちらはまた別の日に改めてレポ書くよ)のだが、その時のライブお絵かきはこちら
 
 

 

 
 私も実際目の前で見ていたが、まぁ早い。
 

 

 
 そんなあんじゅ先生と鳥取へ参戦だ。
 

・CAMPFIREローカル鳥取×むすんでひらいていよいよスタート!!

 
 
こちらは、鳥取の名物『松葉ガニ』をおもむろに使ったお味噌汁を作るCAMPFIRER鳥取チームの松本さん。
 
 
なんと、普段は着付師としても活躍しているそうだ。多動力男性は例外なくかっこいい。
 
 
ちなみに、今回の鳥取イベントで使うおむすびの命であるお米は、この松本さんの家で作っている鳥取県産のコシヒカリ。鳥取のお米はとにかく水と土がいいから美味しくできるのだとか。楽しみ…。
 
 
 
そして、噂の旅するおにぎり屋『むすんでひらいて』のお2人、かなちゃんとさくらちゃん。
 
 
本当に『笑顔可愛い、奥ゆかしい、性格最高、優しすぎるよ』の4拍子揃ったお二人だ。
 
 
今回私は個人的に普段おむすび職人をやっていた身としてお二人に会うのを楽しみにしていたので幸せ。
 
 
むすんでひらいてのワークショップは、基本的にお2人がおむすびを作ってくれるのではなく
 
 
お客さん自ら、おむすびを作って食べるというワークショップだ。お客さんががっつりと体験型のイベントだからこそ面白い。
 
 

  
実際私もおにぎりを握って鳥取のこしひかりを食べさせて頂いた。
 

 

 
新潟のコシヒカリと比べて、圧倒的に味があっさりとしているのが鳥取のコシヒカリの特徴。一粒一粒立ってる…!!美味しい。
 
 
お水が美味しい地区というのもあって、お米の炊きあがりは炊飯器と思えない程美味しかった。
 
 
かなちゃんとさくらちゃんが『むすんでひらいて』を通して伝えたい事は『すぐに手が届く”小さな幸せ”を共有し、日常の余白をつくること。
そして人や地域を結んでいくこと』なのだそうだ。
 
 
 
私はずっとおむすびを8年ほど専門店で作り続けてきたが技術によったおにぎりを作り続けてきたのでとても新鮮だった。(詳しくはこちら→『趣味が見つからない、やりたい事が分からない』就活やオーディションで悩みすぎて空回りしてない?
 
 
  
むすんでひらいて×CAMPFIREローカル鳥取のイベントは素材の美味しさはもちろんだが、確かに人と人をつなぐ暖かさと人と地域を結ぶまさに『おむすび』なイベントだった。
 
 
おむすびで広がる縁が本当に素敵なイベント。そして、素敵な出会い。小さい子供たちの笑顔も沢山見れて幸せ気分ありがとうございました。
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。