今大注目のPICK UP記事!! 

日常で観測できるメンヘラ男【変態男図鑑】

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら




 
今日は街中で変態に2人も声をかけられました。セトセイラです。
 
突然ですが、皆さんはメンヘラはお好きですか?
 
よく「女の子は皆メンヘラ」なんて言葉を言う人がいるが・・・
 
なぜか、私の周りにはやたらとメンヘラ男が生息している。
 
というわけで、私の身の回りのメンヘラ男達を図鑑にまとめてみたのでご紹介しよう。
 
 

自分の過去の不幸をアピールする男

(作 セトセイラ)
 
エントリーNO.1は複雑な環境に育ったが故にメンタルをヘラした男。
 
自分の複雑な家庭環境や過去の不幸故に、自分は悲劇の主人公だということを周りにアピールしまくり「僕は君とは違うんだ・・・」を伝えてくる。
 
20代後半でこの手の男は最高に痛すぎて国宝レベルかもしれない・・・。
 
そう、彼こそは周りをネガティヴな気持ちにさせる魔術師なのだ。現実世界だけにはとどまらず、SNS上でも魔法陣を書きだすのが特徴。
 
SNS上で呟く内容はこちら。
 
  • 世の中のニュースや出来ごとを、過去の自分の不幸と重ね合わせ始める
  • 体調が悪いアピールが、余命3日レベル
  • 死にたいが口癖
  • 不幸なニュースを見ると、○○ではなく「自分が身代わりになればよかったのに」という勘違いも甚だしい内容の発言
  • 悲観的なくせに、自分を正当化する発言が神業
 
発言が想像以上に軽いことを自覚した方がいい。
 
 
 

神聖かまってくん

(作 セトセイラ)
 
エントリーNO.2は、自分の身に起きたことを環境のせいにする忘却の戦士。
 
自分の思うように進まない人生を、全て周りのせいにする能力は天才的で目が離せない。
 
特徴は、上司や会社の悪口が多く、恋人や好きな人に対しての女々しさも異常である。
 
本人がいないところで、エリマキトカゲの如く大きく自分の価値を上げるのお茶目さは、本人的には売りなようだ。
 
SNS上で逐一現状報告をアップするのが日課で、発信内容はこちら。
 
  • 会社や上司の悪口
  • 好きな女の子の連絡先ゲット報告
  • 恋愛ネタはポエム
  • 別れた報告をありがとう
  • 別れてだいぶ経っているのに、元恋人との思い出をありがとう
 
夢の見過ぎで、目が悪くなるよ?
 
 

絶賛発情中、日本代表

(作 セトセイラ)
 
エントリーNO.3は、子孫を残したい欲が強い系の生物としては正解の男。
 
自分の夜の寂しさに耐えきれず、女性を片っ端から「運命の人」と言わんばかりに口説いてくる。
 
こいつらは、ただの発情期ならまだしも弱い自分を武器にしてくるからタチが悪い。
 
「自分の弱みを君だけに見せるよ」という体で、学芸会の子供たちも唸るほどのもどかしさで発表会を定期開催している。
 
しかも、多くの人に同じ演目を披露するので多くの女性からも嫌われやすく、結果、悲惨なことに。
 
心の勃起が止まらず、日常的な発言がセクハラ化。
 
その発言の特徴はこちら。
 
  • 最近久々に泣いた話
  • 寂しくて、死にそうな話
  • 最近癒しがない話
  • 泣ける映画・小説・漫画への思いを語る俺
  • 恋人がほしい話
  • 元カノにキスが上手いと褒められた話
 
せめて、パンツを履きなさい!!
 
 

社会から外れてしまった系

(作 セトセイラ)
 
そして、ラストは「社会から外れていることを認めずに、外れたのは社会だ」と言い張る男。
 
「社会の中に入り込む俺、ダサい」と思っている厨二病が卒業できず浪人何年目という苦労人。
 
故に、他人ごとのように世の中のニュースや出来事に対して、上から発言を繰り返しする。
 
基本的に否定的な発言が『芯を持った人間』だと思い込んでいるのが最大の特徴。
 
「いつでも1人冷静な俺、かっこいい」感が異常のわりに、似たような仲間を見つけるのが異様に早い。
 
漫画の読みすぎか?を思わせるような特徴がある。
 
  • 「人間はね、1回滅びた方がいいんだよ」などと突然言い始める
  • 「社会にはゴミのような人間しかいない」などと突然言い始める
  • ファッションセンスが、逆にダサい
  • 物理的にとがったシルバーのものは嫌いじゃない
  • 女性と歩くときは歩道側を歩くのが男気だと信じてやまない
 
やっぱり、目の前にいる私のこともゴミとして見えているという理解でOK?
 

 

まとめ

 
メンヘラ男に振り回されて、自分の人生をめちゃめちゃにしないように皆さんも気を付けよう!
 




 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP