今大注目のPICK UP記事!! 

黒島という最高に常識を覆される島

 

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加 
 ▼セトセイラのfacebookはこちら
 
 

今日は道で見知らぬ人から映画のチケットを2枚頂きました。セトセイラです。

 

突然だけど、沖縄にある黒島って島知ってるかな?黒島は、沖縄県の八重山諸島に位置する島。場所はこの辺り

(作 セトセイラ)

 

この黒島がとにかく面白い!!私が今まで訪れた島の中でも本当におすすめしたい島だ。そんな黒島の魅力をご紹介しよう。


・黒島、別名『牛の島』

 

『黒島』に行くには、石垣島にまずはアクセスしなければならない。そして、そんな石垣島からフェリーで約30分。黒島に到着してみると…

 

果てしなく…何もない…

 

歩けども歩けども…まじで何もない。

 

しばらく歩くと…いた!牛!!

実は、黒島は人口約220人に対して約10倍以上もの牛がいる。別名、『牛の島』。

 

…と言っても、まぁ東京の渋谷のスクランブル交差点の人が全部牛とかそんな状態の筈もなく、案外思ったよりは牛に会えないかもしれない。

 

しかし確かに、歩いても歩いても

牛、うし、ushi・・・

 

黒島の最大の特徴は、他の島と比べて圧倒的に視界を遮るものが何もなくあまりに開けた視界。肉用牛の畜産が盛んに行われているこの島は、島の大半が牧草地なのだ。

 

余談だけれども、年に一度行われる牛祭りではライブに闘牛との綱引きに、抽選会、と大盛り上がり。そんな抽選会の一等は…

 

牛一頭

 

・・・(どうやって島外の人は持ち帰るんだろう…)


・クジャクの異常繁殖

 

え…?何?牛じゃなくて今度はクジャク…?

出典 http://mininetzoo.com/slide/kujakus.htm

 

はい。実は、ここ。黒島ではクジャクが異常発生しているわけです

 

え?wwwwここ日本…ですよね?wwww

 

実は黒島を散策していると、

 

牛、牛、クジャク、牛、クジャク、クジャク、牛、クジャク…

 

え?なにこれ飼ってるの?って程クジャクに遭遇する。むしろ、ちょっと雑木林みたいなところに足を踏み入れると、なんかたまに近くでカサカサカサ・・・

 

えっ!?えっ!???何!??何かいるっ!??

出典 http://mininetzoo.com/slide/kujakus.htm

 

そんな時は、たぶん、たいていクジャクだ。

厳密に言うと、黒島だけではなく黒島をはじめとする周辺の八重山諸島は、クジャクの異常発生が深刻な問題になっている。そもそも、小浜島の『はいむるぶし』というリゾートホテルに観賞用で持ち込まれたのがきっかけなのだそう。それが、黒島にも当初は観賞用に贈呈されたのだが…度重なる台風でクジャクは脱走。恐ろしい勢いで繁殖を続けている←現在

 

現在では、八重山諸島では害獣指定されているクジャク。毎年何百という単位で駆除されている。

え…?何度も言うけれど、ここ日本だよね?

そもそも何故こんなにクジャクは増えたのかと言うと、黒島をはじめとする八重山諸島にはクジャクの天敵が存在しない。そして、クジャクの肉は食用としてはかなり微妙な為活かせないのだ。

 

そして、クジャクは雑食の為、何でもかんでも食べる。その被害は絶大で作物や、牛の餌。そして、島のトカゲなどの小動物も食い荒らし一部の生物が絶滅の危機になってしまうほど。八重山諸島の生態系を壊している。その為この地区ではクジャクは立派な害獣指定されている。

 

同じ日本とは思えない。。


・黒島研究所という名の水族館がある

 

そんな黒島に、海洋生物を研究施設がある。言わば、水族館~島仕立て~

主にウミガメの研究をしているこの施設。サメやウミガメにごはんをあげることもできる幸せな研究所。こんなに間近で(想像以上に近くで見られる)見る事とか、ごはんをあげる事もないのですごく貴重な経験。

 

施設名:黒島研究所

住所:沖縄県八重山郡竹富町字黒島136
電話:0980-85-4341
営業時間:9時00分~18時00分 (10月から3月までは17時00分まで)

お休み:年中無休
入館料:500円

 


・黒島の、海の透明度がすごい

 

黒島の海は、とにかく透明度がものすごい。というのも、人口が少ないため生活用水がほとんど流れないのだ。その為、透明度がとにかくすごい!!!残念ながら水中写真はないのだけれども、海の上からでも魚がはっきりと見える。本当にきれいな海。

 

しかし、黒島はシュノーケル事故も発生しているところなのでツアーなどに参加してプロと一緒に楽しむのがベター。

 

この海を見るだけでも行く価値あり!!!!!

 


・まとめ

・とにかく視界が開けていて気分爽快!

・牛が人口の20倍もいるのどかな牛の島!

・やたらクジャクに遭遇して胸がどきどき。ここは日本か…!?

・黒島研究所でサメやウミガメに至近距離で会える

・海の透明度が美しい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。