今大注目のPICK UP記事!! 

【悲報】チョコレート好きすぎて、カカオ豆からチョコ作ったら死んだ

セトセイラのLINE@はこちら
友だち追加
 ▼セトセイラのfacebookはこちら

3000円のチョコレートを自分へのご褒美とか言ってバレンタインに毎年買っちゃうアラサー女、セトセイラです。
 
 
先日Twitterでこんな事をいた。
 
 

 
 
いやぁ~ずっと思ってたんだよね。だってさ、チョコレートなんて要は豆さえ手に入ればいいわけでしょ?その辺で売ってる安いチョコレートなんてどれもこれも添加物と植物油脂の塊じゃんか。
 
 
だったら、自分でいい物だけを入れて作ったらいいんじゃね!??
 
 
 
私、天才かよ!!!!という訳でさっそくチョコレート豆を購入してきた。
 
 
 
 
 

・チョコレートをカカオ豆から作るんだぞぅ!!

 
ってか、絶対カカオ豆からチョコレート家で作ってる変態とかいっぱいいるだろ!!!!という事で勢いよく手をあげてGoogle先生に質問してみた。
 
 
すると、やはり作れるよ作ったことあるよの声を頂けた。これは、私も作らねばチョコレート好きを名乗る資格などない!!!!
 
 
 
▼という訳で、材料はこちら▼
 
 
【材料】
 
・カカオ豆
・グラニュー糖
 
・型
・すり鉢
・ゴマすり棒
 
 
 
え?材料って豆と砂糖だけなの!??楽勝やん!!!
 
 
 
という訳で、早速購入してみた。
 
 
 
 
写真は左から、チョコレートの型・グラニュー糖・カカオ豆だ。
 
 
私が購入したカカオ豆はすでに発酵済みのロースト済み。
 
 
あ、今そこで首を傾げた君の為にどや顔で教えてやろう。チョコレートって豆を発酵させてからつくるから実は発酵食品なんだよ(どや)
 
 
 
 
ちなみに、ローストされていないカカオ豆を購入した人はまずはロースト。ローストはオーブンで120度で30分。ね?簡単やろ?
 
 
 
ちなみに、amazonとかでカカオ豆って普通に売ってるんですよ。
 
 
 
▼ロースト済みならこちら▼
▼ローストなしならこちら▼
 
 

・チョコレートをいざ作る!!!

こうさ、いいよね。将来結婚とかしてさ、旦那に「うちの嫁は、チョコレート手作りで作るんですよ」なんて他の人に世間話なんかで言われちゃったりしてさ。「えぇ!?奥さんすごいですね!!!」って旦那の同僚は驚く訳ですよ。

 

なんか、巷ではなぜかチョコレート作るくらいなら料理上手だろうなんて尾ひれがついて噂が広まると思うんだよね。そして、私は噂では『ものすごい奥さんらしい』なんて広まって照れちゃったりする訳ですよ~~~!!!って、チョコレートを作る前から謎の妄想が広がったところでようやく手を動かし始める。

 

調べてみると、構造上はめちゃくちゃ単純で簡単そう。いざ!!

 

 

1、カカオ豆の皮を剥く

カカオ豆はこんな形をしている。大きさは、アーモンドよりもちょっと大きいくらい。 まずはこのローストされたカカオ豆の皮をむく。

 
 

左側が皮がついているカカオ豆。そして、左側の黒いのが皮を剥いた状態のカカオ豆だ。

 
 

 
案外皮は簡単に手で剥く事ができるが、一つ一つ手作業となるとかなりの重労働・・・。皮を剥いたカカオ豆は、この時点でものすごいチョコレートの香ばしい香りがして美味しそう!!この時点では、これがあのチョコレートになるとは信じがたい・・・。豆ぱっさぱさだよだって。
 
 
 
 

2、カカオ豆をすり鉢ですり潰す

 
 
 
そして、今度はすり鉢でカカオ豆を粉状にしていく。どうやらこの作業がチョコレートの滑らかさを決める肝となるようだ。
 
 
 
 
そして・・・すり潰す事、約1時間程。1時間もすり鉢ですっているとそろそろ腕が筋肉痛だ。なんと言ってもカカオ豆はすり潰すにはちょっと固い。まぁ、でもなんとか粉っぽくはなってきた。うんうん。
 
 
 

3、湯煎にかけながらすり潰す

 
 
 
 
 
 
カカオ豆は実は55%が油分でできている。
 
 
 
55%油分って人間だとやべぇやん!!!とよく分からないツッコミをいれつつ、調べによるとここから湯煎をしながらすり潰す事によって油分が出てくるんだとか。
 
 
 
しかし・・・。
 
 
 
いざやってみても本当に調べた結果が間違っていたのではないかという程油分が出てこないwwwwwww
 
 
 
 
とりあえず、今根気強くカカオ豆をすり潰すこと3時間。すでになぜか1日のうち4時間もカカオ豆をすり潰すためだけに時間を使っている自分の人生がおろかに思えてきた。。だがしかし、ちょっと湿ってきた程度で油分と言えるほどのものが・・・出てこない。
 
 
 
 
オーマイガー!!
 
 
 
 
どうすんだよこれ。友達に明日、「セイラ昨日何してたの?」って聞かれて「カカオ豆すり潰してたんだ」なんて答えたら暇なのかと思われる時間の使い方だ。どうすんだよ、これでも今更後に引けないじゃんか。と自分に言い訳しながら気の遠くなるような作業を進めるのであった・・・。
 
 
 
そして・・・
 
 
 
 
 
徐々に湿り度合いは増えてはいるが、すでにこの時点ですり潰し時間が5時間経過。しかも見てよこれ、手は豆が沢山出来始めて普通に痛い・・・
 
 
 
 
最初のモチベーションはどこに行ったんだというくらいテンションが鰻下がり。
 
 
 
これ以上人の手ですり潰すのは無理があるのではないかと判断して、考えを巡らすことに。でも確か、普通チョコレートを作る時ってこのチョコレート豆砕いたものにカカオバター入れるんだよな・・・
 
 
 
 
そして、ここに油分が追加されることが重要なのであり、他の油分でも理論上では成り立つはずだ。例えば、チョコレートのジャンルにジャンドゥーヤチョコレートと呼ばれるものがあるがジャンドゥーヤはカカオ豆をすり潰したものにナッツ油を混ぜて香り高いチョコレートにしたものだ。
 
 
 
 
という事は、カカオバター(今絞り出そうとしている油分を集めて固めたもの)はないが家にあるココナッツ油を入れればチョコレートになるのでは!?
 
 
 
私って天才かよ!!!!!(どやっ)
 
 
 
 
 

 4、ココナッツ油を入れてみる(※アレンジ)

 
 
 
という訳で、なぜか人生で初めて作るチョコレートに嫌気がさしてアレンジを加える事に。
 
 
 
先程すり潰したものにココナッツ油を加えていく。
 
 
 
・・・
 
 
 
なんだか目の前の物がもはや泥にしか見えないのだが、まぁ気のせいだろう。きっとあってる。大丈夫。大丈夫だ。強く生きろ~~セトセイラ。よし。
 
 
 
 

5、グラニュー糖を投入

 
 
 
 
先程の泥・・・いや、カカオ豆をすり潰したものに今度はグラニュー糖を加え、再びすり潰しながら混ぜていく。
 
 
 
 
 
・・・なんだこのより泥感!!!
 
 
 
なんか、よくショコラティエとかがテンパリングとかやって滑らかなチョコレートをまぜまぜしてるやんか!!そうなるのが正解なはずなのになんだこれは!!!!!!!!!!
 
 
 
手ですり潰すには粒子の大きさに限界があったのだろうか・・・いやそれ以上に問題がある気がするが一向に滑らかになる気配はない。誰がどう見てもざらっざらですよこれざらっざら!!!!
 
 
 
(※ちなみに理論上ではカカオ豆は油分が多い為、湯煎にかける事によりチョコレートがいわゆる溶けたような状態になるらしい。)
 
 
 
というか・・・すでにカカオ豆を混ぜる事6時間が経過。いやぁ、もう無理だろこれ!!!無理だろ!!!!!!!
 
 
 
 
 

6、諦めて固める(とりあえず、完成へ)

 
 
完全に自暴自棄になった私は、「とりあえず材料はあってるから固まるんじゃね?」理論を自分に言い聞かせて型に入れて冷蔵庫で2時間冷やすことに。
 
 
 
すると・・・
 
 
 
 
・・・
 
 
・・・あれ?これ普通にチョコレートじゃね?
 
 
 
とりあえず、見た目はチョコレート。よし・・・食べてみよう。ぱくり・・・。
 
 
 
 
まずっ!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
いやぁ、びっくり。何も舌の上で溶けてくれない。チョコレートの豆感も砂糖も全部そのまま残ってるしなんかずっと舌にいる。チョコレートの味はするけれど、よく言えば個性的。悪く言えば、おい、製作時間7時間返せ!!!!
 
 
 
 
もぐもぐもぐもぐ・・・とせっかく7時間もかけて作ったし、とやっきになってると不思議なものでなぜかこの味に愛着すら沸いてきた。
 
 
 
だがしかし・・・やはり美味しくないのでアレンジをさらに加える事に。
 


 

・美味しくないチョコでもマフィンにしたら絶品だと思うんだよね

 
 材料
・カカオニブ 100g
・きび糖 30g
・ココナッツ油 大さじ1杯
追加材料
・卵 1つ
・オートミール 大さじ2杯
・クルミ 大さじ2杯
・黒豆 大さじ2杯
・牛乳  1カップ
・ココナッツ油 大さじ4杯
・森永パンケーキミックス(私は甘くないのが好きなのでこちらを使ってるけど甘いの好きな人は普通のホットケーキミックスでどうぞ)150g一袋
 
 
という訳で、もうここまで来たらどうやったら美味しくなれるのかの意地になってきた。
 
 
 
 

 番外編  ザクザクの チョコレートマフィンを作ろう!

 

・6.5 ナッツを入れる

 
5でできた、カカオニブと砂糖とココナッツ油を混ぜ合わせたものに、オートミール、クルミ、黒豆を各大さじ2杯ずつ入れる。お好みの量でOK。
 
 

・6.6 パンケーキミックスで時短

 
 
 
パンケーキミックス、卵、を入れて混ぜる。この間にオーブンを170度で余熱スタート。
 
 
 

・6.7 生地完成

 
 
 
 6.5の生地と6.6の生地を合わせて、そこにココナッツ油を大さじ4杯入れて混ぜる。
 
 
 

・6.8 型に入れて、焼く

 
 
 
 型に入れたら、余熱完了させたオーブンで30分焼く。
 
 
 

 ・6.9粗熱をとって、完成!!!

 
 
 
いざ実食!!
 
 
 
ぱくり。。うまっ!!!!!!
 
 
 
これね、本当に自分天才だと思った。美味しい!!ココナッツ油で生地はふわふわしっとり!チョコレートの香りも良くて、オートミールやクルミ黒豆との相性も抜群に美味しい!
 
 
 
制作時間9時間くらいかけた甲斐は・・・・まぁ、ないな。
 
 
 

・まとめ

 
チョコレートは決して作ってはならぬ!!買う物だ!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。